ステロイド外用薬の使い方・仕組み・副作用が詳しく分かる本

 投稿日    最終更新日 2016/12/16

ステロイド塗り薬についての詳しい本

アトピー性皮膚炎の治療で、皮膚炎を抑える目的でステロイド外用薬(塗り薬)を使うとき、

ステロイド塗り薬ってどうやって使うのが正しいんだろう?

そもそも、ステロイドを塗るとなぜ皮膚炎が収まるんだろう?

ステロイド外用薬の副作用にはどのようなものがあるのだろう?

ステロイドはいつまで、どれくらい塗れば良いんだろう?

といった疑問を持つことって、アトピーであれば、誰しもあると思います。

もちろん、インターネットで調べれば、ステロイドについてある程度のことは分かるのですが、

ネットの情報の中には正しくない情報があったり、情報の信頼性に欠ける面も否めません。

そういう意味では、医師が書いた詳しい書籍が一番良いのですが、変に詳しすぎてもチンプンカンプンですし、簡単すぎても肝心の知りたい情報が書かれていなかったりします。

今回、私はちょうど良い感じの詳しさ・分かりやすさの、ステロイド外用薬についての本を見つけることができました。

そこで、この記事では

私たち一般人でも読める、ステロイド外用薬についての詳しい解説本

をご紹介したいと思います。

この記事を読むと次のことが分かります
  • ステロイド外用薬についての本の書名・価格・購入出来る場所
  • どういう点がおすすめなのか?
  • いまいちな点はどこか?

【Sponsored Link】




 

1. 文字通り、ステロイド外用薬についてのパーフェクトな本!

今回、私が運良く見つけることが出来た本は、

アトピー性皮膚炎治療のためのステロイド外用薬パーフェクトブック [ 塩原哲夫 ]

という書籍です。

この記事の執筆時点で、Amazonでの価格は3,000円前後です。普通の本と比べると高く感じますが、専門書としては比較的安い部類だと思います。

医師向けの本ですが、Amazonや楽天ブックスなどのネット書店で普通に購入出来ます。

> 楽天ブックス
> Amazon

この本は、一人の医師が単独で書いたものではなく、二十数名の医師が各セクションを書いています。

  • ステロイド外用薬が皮膚の炎症を抑える仕組み
  • ステロイド外用薬の安全性についてのエビデンス(医学的根拠)
  • アトピー性皮膚炎の治療手順の基本
  • 年齢ごと(乳幼児・小児・成人・老人・妊婦)のステロイド外用薬の使用法
  • アトピー性皮膚炎患者への指導方法

などについて、専門家の立場から詳しく解説されています。

医師でない一般の人が読めるギリギリの難易度のラインで、ステロイド外用薬について最も詳しく解説された本の1つであることは間違いありません。

そういう意味で、本のタイトル通り、まさに「ステロイド外用薬パーフェクトブック」といえるのかもしれません。

2. この本の特徴(良い点・いまいちな点)

次に、『アトピー性皮膚炎治療のためのステロイド外用薬パーフェクトブック』は、

どこが良くて、どのような点はイマイチなのか?どのような人に向いていて、どのような人には不向きなのか?

についてお話します。

2-1. おすすめ出来るポイント

『アトピー性皮膚炎治療のためのステロイド外用薬パーフェクトブック』の優れている点は、

  • ステロイド外用薬についてかなり詳しく書かれていること
  • 専門用語が多すぎるということもなく、一般人でも理解出来ること
  • 医師が執筆しているため、情報の信頼性が高いこと

の3点です。

この本の冒頭では、ステロイド外用薬がどのように皮膚の炎症を抑えるのか(仕組み・作用機序)についてや、ステロイド外用薬の安全性や副作用についてのエビデンス(根拠)を客観的に解説していくれています。

ステロイド外用薬の効果の仕組みの部分については、専門用語が比較的多く、理解するのが少し難しいかもしれません。

しかし、その他の部分は、一般人の我々でも十分に読み進めることが出来る文章です。

 

医師でない一般の人向けの本は、どうしても専門的な内容は書かれていません。私たちには理解するための知識が無いからです。

しかし、一般向けの本ですと、結論は書かれているけれども、その理由や根拠についての説明は少ないのが現状です。

例えば、

ステロイド外用薬は医師の指導のもとに、用法用量を守って使いましょう。そうすることで、皮膚炎の症状を早く抑え、副作用の発生を避けることができます。

というようなことは、一般向けの本にも「結論」として書かれています。

しかし、用法用量を守らない場合にどのような副作用が発現するのか、ステロイド外用薬をどのくらいの量をどれくらいの期間使い続けると、副作用のリスクが高まるのか、副作用の兆候はどのように判別するのか、といった「結論の根拠」については、一般向けの本にはほとんど書かれていないのが通常です。

『ステロイド外用薬パーフェクトブック』では、このような「根拠」にあたる説明が、私たち一般人でも分かるレベルの難易度で解説されています

この点が、最も優れているポイントかもしれません。

 

ですから、

ステロイド外用薬について、ネットで色々と調べたけど、もう一歩踏み込んだ内容のことが知りたい。

ネットでバラバラと情報を拾うよりも、1冊の本でまとめてステロイド外用薬についての情報を知りたい。

といった場合には、この本は最適だと私は思います。


【Sponsored Link】




 

2-2. いまいちなポイント

次に、この本のいまいちなポイントについてお話します。

  • あくまでも医師向けの本なので、理解が難しい箇所がある。
  • 執筆者が一人ではないため、一貫性が無い箇所がある。
  • 専門書なので一般書籍に比べて価格が高い。

という点は、「良くない」点といえるかもしれません。

ステロイド塗り薬について、とにかく分かりやすい解説が読みたい。

スラスラと読める文章の本が良い。

本に3,000円は出せない・・・。

というような場合には、この本はおすすめできません。

 

私たちがアトピー性皮膚炎を改善し、コントロール下に置くためには、ステロイド外用薬の仕組み等について知ることではなく、ステロイド外用薬の使い方・注意点のような「結論」を知っておくことが優先です。

そういう意味では、結論を分かりやすく解説している本は、他にたくさんあります。

理屈はそこまで詳しくなくていいから、結論だけ分かりやすく教えて!

という場合には、他の本を手に取った方が良いと思います。

3. まとめ

『アトピー性皮膚炎治療のためのステロイド外用薬パーフェクトブック』は、

ステロイド外用薬について、一般人の私たちがギリギリ分かる難易度の中で、もっとも詳しい本だと言えます。

ステロイド塗り薬の効果や副作用、詳細な使い方などについて、結論だけでなくその理由や根拠も知っておきたい!

という場合には、とても役に立つ本です。

 

ステロイド外用薬についての知識武装をしておくと、医師とのやりとり・相談の際にとても役に立ちます。

また、その知識は情報収集をする際の「ベース(基盤)」になり、間違った情報・偏った情報を除外することができます。

こういった意味でも、ステロイド外用薬についての詳しい本を一冊持っておくと、役にたつはずです。

参考にしてみてください。

> 楽天ブックス
> Amazon


【Sponsored Link】




 

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: アトピー関連書籍のレビュー, ステロイドの正しい知識