脱ステをしてもアトピーは治らない論理的な理由と正しい治療手順

 投稿日  

脱ステしてもアトピーは治らない

脱・ステロイドいわゆる脱ステは、代替療法・民間療法・一部の医者が推奨するアトピーの治療法です。

彼らは、

ステロイド外用薬を使っているから、アトピーが治らないんです。

という論理で、アトピー患者に脱ステロイドを勧めます。

アトピー性皮膚炎の状態が酷い状況で、急にステロイド外用薬の使用を止めると、当然ですが皮膚炎はさらに悪化します。

この皮膚炎の悪化については、

好転反応ですよ。毒素が抜け切れば、皮膚炎はだんだん落ち着いてきます。

のように、我慢するように指示します。

もちろん、脱ステロイドをして一時的に皮膚炎が酷くなっても、最終的にアトピー性皮膚炎が完治すれば問題はありません。

しかし、私も含めて、脱ステロイドにチャレンジされた方のほとんどが、アトピー性皮膚炎の重症化によって悲惨な目に遭っているのが実際のところです。

脱ステでアトピーが重症化し、正常な社会生活を送れなくなってしまったという話もよく聞きます。

 

つまり、

脱ステに挑戦しても、アトピー性皮膚炎は治らない

のです。

この記事では、その理由について出来る限り論理的・客観的にお話したいと思います。

この記事を読むと次のことが分かります
  • アトピー性皮膚炎が生じる理由
  • 脱ステロイドがアトピー治療に役に立たない明確な理由
  • アトピーの正しい治療手順とは
  • ステロイド外用薬の副作用の本当のところ
  • お子さんのアトピー治療法選びの注意点

【Sponsored Link】




 

1. 脱ステロイドがアトピー治療に役立たない理由

脱ステロイドは、「ステロイド外用薬の使用を中止して、アトピー完治を目指すこと」です。

つまり、脱ステロイドを勧める方々は、

「ステロイド外用薬を使わないこと」と「アトピー改善(完治)」の間に、何らかの因果関係がある

と考えているわけです。

しかし、冷静に考えると、両者には何の関係も有りません。

この点について、順を追ってご説明していきます。

1-1. アトピー性皮膚炎が生じる理由

突然ですが、アトピーの方に皮膚炎が出てしまうのはどうしてでしょうか?

食物アレルギー?汗?ダニ・カビ?ストレス?

可能性が疑われる原因はいっぱい挙げられます。

しかし、ここではもっと抽象的に、シンプルに考えてみたいと思います。

すると、アトピー性皮膚炎が生じる理由は、以下のような図式で表せます。

アトピー性皮膚炎が生じる理由

どういうことかと言うと、

アトピー体質の人が、アトピー悪化原因に触れると、皮膚炎が起こる

ということです。

アトピー体質とアトピー悪化原因についてもう少し補足しますと、

  • アトピー体質
    → 遺伝的なアレルギー体質・肌の保湿能力の低さ・疲れが肌に出やすい体質…, etc.
  • アトピー悪化原因
    → 食物アレルギー・ダニやカビ・ストレス・汗・乾燥・紫外線…, etc.

のようになります。

 

このように抽象的に考えると少しわかりにくいですが、具体的にイメージしてみますと、当たり前の話であることが分かります。

例えば、遺伝的にアレルギー体質で牛乳や卵の食物アレルギーを持っている人が、卵を食べると、皮膚炎が出ます。

また、遺伝的に肌の保湿能力が低い人が、保湿をせずに肌を乾燥させたままで過ごすと、痒みが常態化しますし、皮膚からダニ・カビ・ホコリなどのアレルゲンが侵入して、皮膚炎が出てしまいます。

 

さて、このようなアトピー性皮膚炎が発生(悪化)する理由を踏まえると、アトピー性皮膚炎を完治させるには2つの選択肢しか無いことが分かります。

それは

  • アトピー体質を治すこと
  • アトピー悪化原因を取り除くこと

の2つです。

逆に言えば、この2つの対策に属さないようなことは、どんなに頑張ってもアトピー改善・完治には役立たないということです。

では、脱ステロイド、つまり「ステロイド外用薬の使用を止めること」は、この2つのカテゴリに入るのでしょうか。


【Sponsored Link】




 

1-2. ステロイドの使用の有無とアトピー体質改善は無関係

まず、ステロイド外用薬を使う/使わないは、アトピー体質の改善とは全く関係有りません。

つまり、ステロイド外用薬を使っても使わなくても、アトピー体質には影響が無いということです。

このことは、当たり前の話ですから、すぐに納得できるかと思います。

ですから、ステロイドを塗っても塗らなくても、アトピー体質改善のための対策を行うことは出来ます。

厳密に考えると、アトピー体質とは遺伝的な体質であるため、そもそも治すことは非常に困難です。
広い意味でアトピー体質を捉えると、腸内環境の改善など、治せるものも出てきます。

関連情報

マウスを合わせると記事の説明が表示されます。リンク先の記事は別タブで表示されますので、後で読むことが出来ます。 タイトルをタップすると記事の説明が表示され、もう一度タップするとリンクが開きます。別タブで表示されますので、後で読むことが出来ます。

さて、脱ステロイドがアトピー体質改善の対策には属さないとすると、「脱ステロイドでアトピーが治る」理由として残された可能性は、

脱ステロイドが「アトピー悪化原因の除去」のための対策に属する、というものです。

1-3. ステロイドをアトピーじゃない人に塗ると?

では、ステロイド外用薬の使用を中止すると、アトピー悪化原因が取り除かれるのでしょうか?

脱ステロイドが、「アトピー悪化原因を取り除く」ための対策に属するのであれば、

ステロイドを塗ることは、アトピーの悪化原因である

ということが言えるはずです。

つまり、

ステロイド外用薬を塗ると、皮膚炎が出る(出やすくなる)

ということです。

 

当たり前ですが、接触性皮膚炎(かぶれ)という特殊な場合を除き、ステロイド外用薬を皮膚に塗っても皮膚炎が新たに生じることはありません。

このことは、アトピーではない人の皮膚にステロイド外用薬を塗ってみれば分かります。

長期間連用すれば、皮膚への局所的な副作用が出る可能性はありますが、ステロイド外用薬を塗ることで皮膚炎が出ることはありません。

つまり、ステロイド外用薬はアトピー悪化原因ではないということです。

当たり前の話ではありますが。

 

以上から、脱ステロイド(ステロイド外用薬を使わないこと)は

  • アトピー体質の改善にならない
  • アトピー悪化原因の除去にもならない

という結論になります。

つまり、

脱ステロイドはアトピー性皮膚炎の改善に役に立たない

ということです。


【Sponsored Link】




 

それでは、脱ステロイドはアトピー治療に役立たないとして、アトピーを治すためにはどうすれば良いのでしょうか?

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: 脱ステロイド