【これなら安心】アトピー肌・敏感肌でも使える柔軟剤4選

 投稿日    最終更新日 2016/12/16

towel02

アトピー肌や敏感肌にとって、固くなってゴワゴワとした衣類・タオルは良くありません。

皮膚との摩擦が大きくなるため、刺激になったり乾燥の原因となったりして、結果として皮膚炎に繋がってしまうからです。

一方で、「アトピー肌・敏感肌には柔軟剤を使うべきではない!」という意見もあります。

それは、柔軟剤に含まれる化学物質が肌への刺激になると言われているからです。

でも、添加成分が少なくてお肌に優しい柔軟剤であれば、アトピー肌・敏感肌でも使うことができます。

柔軟剤を使ってみてお肌のトラブルが起こらないのであれば、衣類やタオルが柔らかくふんわりと仕上がった方が、お肌にとってはメリットの方が大きくなります。

そこでこの記事では、

アトピー肌・敏感肌でも安心して使える柔軟剤

4つピックアップして、ご紹介したいと思います。


【Sponsored Link】




 

1. 普通の柔軟剤は使わない方が良い理由

CMでよく見かけるような「普通の柔軟剤」は、アトピーの場合は使わない方が安全です。

というのも、普通の柔軟剤の主成分は界面活性剤でして、これが皮膚への刺激となりアトピーを悪化させる危険性があるからです。

柔軟剤の界面活性剤は、衣類に残すことを目的に入れられていますから、界面活性剤は必ず衣類に残ります(これによって衣類がフワフワ・滑らかになります)。

この衣類に残った柔軟剤の界面活性剤が皮膚炎の原因となってしまうのです。

洗濯の洗剤に気をつけていても、普通の柔軟剤を使ってしまっては、ほとんど意味がなくなってしまいます。

アトピー肌・敏感肌への刺激を考えて洗濯洗剤を選ぶときには、

  • 衣類に残る界面活性剤(石けんカスや合成界面活性剤)が少ないか?
  • 残ったとしても皮膚への刺激が小さいか?

というポイントを気にするはずです。

このようなポイントを気にして洗濯洗剤をきちんと選んでも、衣類に界面活性剤が付着させる目的の普通の柔軟剤を使ってしまえば、意味が無いということです。

つまり、アトピー肌・敏感肌のことを考えると、残念ながら普通の柔軟剤は使えないことになります。

2. アトピー肌・敏感肌にも安心な柔軟剤4つ

では、アトピー肌・敏感肌でも柔軟剤として使うことのできる商品はないのでしょうか?

この点、柔軟剤の代わりとして活用できるアイテムが、最近メディアでも注目を集めている「クエン酸」です。

2-1. クエン酸水溶液(自作)

クエン酸は、洗濯石けんを洗濯洗剤として使う場合に、石けんカスの残留を防いだり、黄ばみを防いだりするために使われています。

合成洗剤を使っている場合でも、すすぎの際にクエン酸を入れると、使わない場合に比べて衣類がふわふわ・滑らかに仕上がると言われています。

クエン酸はドラッグストアでも簡単に手に入りますし、柔軟剤としての使い方も簡単です。

  1. 少量のぬるま湯にクエン酸を溶かす。
    ←クエン酸の量は大さじ1,2杯程度
  2. すすぎ終わりの最後の方に、作ったクエン酸水溶液を入れる。
  3. 脱水して終わり。

という感じの使い方です。

ドラム式洗濯機の場合には、作ったクエン酸水溶液を柔軟剤を入れる部分に入れておくだけでOKです。

ちなみに、クエン酸が衣類に残ることはないので、皮膚に刺激を与える危険性はありません(参照元:『木村石鹸よもやま噺』様)

柔軟剤代わりとしてのクエン酸の使い方とその効果については、『ずぼら敏感肌改善生活』様の↓の記事が詳しいです。是非ご覧ください。

External link

マウスを合わせるとご紹介しているサイト(外部)の説明文が表示されます。 タイトルをタップするとご紹介しているサイト(外部)の説明文が表示され、もう一度タップするとリンクが開きます。

2-2. 石けん屋さんが考えた衣類のリンス

以上のように、柔軟剤代わりとして活用できるクエン酸ですが、毎回の選択でクエン酸をぬるま湯に溶かすのはちょっと面倒に感じてしまいます。

その場合には、洗濯石けん用の「衣類のリンス(仕上げ剤)」がおすすめです。

ミヨシ石鹸の『石けん屋さんが考えた衣類のリンス』の成分は、クエン酸とクエン酸ナトリウムのみですから、アトピーの場合でも安心して使うことができます。

2-3. パックスナチュロン 衣類のリンス

同じようなクエン酸が主成分の洗濯仕上げ剤はいくつかありまして、パックスナチュロンの衣類のリンスも同じ使い方ができます。

【成分】水、クエン酸、天然ガム、エチルアルコール、ヒノキチオール、香料、クエン酸ナトリウム

参照元:『太陽油脂製品詳細ページ』

ミヨシ石鹸の製品に比べると添加成分が多いですが、香料(フローラルブーケの香り)が入っていますから、香り付けが欲しい場合にはこちらの方がよいかもしれません。

2-4. arau.(アラウ)洗濯用リンス仕上げ

パックスナチュロンの衣類のリンスと似た商品が、arau.(アラウ)シリーズにもあります。

【成分】クエン酸、水酸化カリウム、エタノール、天然精油

合成界面活性剤、リン酸塩、エデト酸塩、香料着色料、保存料は不使用。除臭せいけつ成分として、ラベンダー精油を配合。

参照元:『arau. 製品紹介ページ』

こちらも香りづけ成分が含まれているため、香りを楽しむことが出来ます。ラベンダーのオイル(天然精油)ですから、天然素材にこだわるならこちらの方がおすすめです。


【Sponsored Link】




 

3. 普通の柔軟剤を使いたい場合のおすすめ商品

普通の柔軟剤のフワフワ感・滑らかさを知ってしまうと、柔軟剤なしでは満足出来ない!ということもあります。

アトピー性皮膚炎の状態が酷い時には使わない方がよいですが、アトピーの状態が良い状態であれば、柔軟剤の刺激が問題にならないケースも多いはずです。

肌に優しいと言われる柔軟剤を使ってみて、肌に痒み・炎症が起こらなければ普通の柔軟剤でも問題は無いとも言えます。

普通の柔軟剤の中でも肌に優しいと言われているのが、LIONの『ケアベール 柔軟剤』です。

【成分】ジエチレングリコールモノブチルエーテル、シリコーン、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、エチルアルコール、ポリ(ジアリルジメチルアンモニウムクロライド)、香料、シリコーン乳化物、防腐剤

参照元:『LION ケアベール柔軟剤 製品詳細ページ』

成分を見ると化学物質がたくさん?入っているので少し不安に感じますが、

当社独自の柔軟成分HFS採用。肌と衣類の摩擦を抑えて、乾燥・敏感肌への衣類による 刺激をやわらげます。吸水性もよいので、汗をしっかり吸収し、ムレやベタつきを防ぎます。

皮フ科医の指導のもと、肌への影響は試験済み。

引用元:同上

のように、一般的な柔軟剤の中では肌への影響は小さいとされていますし、カスタマーレビューを見ると、肌にトラブルが起きるということもなく、むしろ他の柔軟剤に変えると皮膚トラブルが起きてしまうという意見もあるようです。

4. まとめ

以上のように、アトピー治療中は、基本的には市販の柔軟剤は使わない方が良いです。

少なからず皮膚への刺激となり、皮膚炎の悪化に繋がってしまうからです。

柔軟剤代わりとして、クエン酸やクエン酸が主成分の衣類のリンスが活用できますが、

そもそも、「柔軟剤を使わない」という選択肢もアリだと思います。

その場合には、洗濯を繰り返すうちに「タオルや衣類がゴワゴワするなぁ」と感じた時点で、そのタオル・衣類は使わないようにします(新しいものと取り替えます)。

金銭的な負担や環境への負担は若干増えますが、アトピー性皮膚炎の改善を優先しても良いと思います。

この記事がご参考になれば幸いです。


【Sponsored Link】




 

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: アトピー悪化原因の特定・除去