アトピー肌にも安心安全な石けん・シャンプー・ボディソープ一覧

 投稿日    最終更新日 2017/07/06

シャンプーの泡がついた子犬

アトピーを改善するためには、「石けんやシャンプーは、低刺激のモノをちゃんと選ばないとダメ」とよく言われますよね。

間違った選び方をしてしまうと、皮膚への刺激となってアトピー悪化につながってしまうからです。

実際、私は数年前まで普通のシャンプー・ボディーソープを使っていたのですが、アトピー用のものに変えたところ、皮膚炎の悪化に歯止めがかかってくれました。

でも、「アトピー用の石けんやボディーソープ・シャンプー」って、具体的にはどんな商品なのでしょうか?

ということでこの記事では、安心して使える石けん等の条件について整理したうえで、おすすめの商品をピックアップしてご紹介したいと思います。

no name
いや、家族と同じボディーソープ使ってたわ。

というような場合、石けんやシャンプーを低刺激なモノに変えるとアトピー改善につながるかもしれません。

Sponsored Link

アトピー肌に使える石けん・シャンプー・ボディーソープの条件

初めに、アトピー肌にも使える石けん・シャンプー・ボディソープの条件を箇条書きにしてみます。

これらは、色々とリサーチ・勉強した結果と、私個人の実体験をベースにピックアップしたものです。

  1. 使ってみて肌への刺激が無い or 少ない
    泡が炎症部分や掻き傷の部分に付いてもシミない、ということです。
  2. 余計な添加物成分が入っていない or 少ない
    余計な成分が原因で皮膚炎が悪化するリスクがあります。
  3. pHが弱酸性である
    アトピー改善のためには、皮膚のpHを弱酸性に保つことが重要です。
  4. アレルゲンとなり得る物質が入っていない
    アレルゲンが皮膚から侵入し、アレルギー反応が起こってしまいます。
  5. 値段が高すぎない
    毎日使うものですから、値段はリーズナブルでないと続けられません。

といったポイントが、石けんやボディーソープ、シャンプーを選ぶときに大切だと思います。

少し長くなりますが、一言で表せば皮膚炎の部分に泡がついてもシミないし、使ってみて皮膚トラブルが生じない、pHが弱酸性で高価でない石けんやボディーソープとなります。

各チェックポイントについては、以下の記事で具体的にお話しています。よろしければご覧ください。↓

石けんと合成洗剤、どちらの方がよいのか

アトピー肌を洗うのには、石けんとボディーソープ・シャンプー(合成洗剤)のどちらが良いのでしょうか。

上でご紹介した5つの条件(チェックポイント)ごとに、石けん石けんのイラストと合成洗剤シャンプーのイラストのどっちが優れているのか、まとめてみます。

  1. 使ってみて肌への刺激が無い or 少ない
    シャンプーのイラスト合成洗剤の勝ち。
    ボディーソープ・シャンプーの中にはかなり低刺激の商品があります。石けんは弱アルカリ性であるため、炎症部分に対する刺激はどうしても大きくなります。
  2. 余計な添加物成分が入っていない or 少ない
    石けんのイラスト石けんの勝ち。
    成分が「石けん素地」のみの石けんは数多くあります。一方、合成洗剤の添加成分はかなり多いです。
  3. pHが弱酸性である
    シャンプーのイラスト合成洗剤の勝ち。
    その構造上、石けんは弱アルカリ性となります。合成洗剤の中には弱酸性の商品があります。
  4. アレルゲンとなり得る物質が入っていない → 引き分け。
    商品によっては、石けん・合成洗剤のどちらにもリスクがあります。
  5. 値段が高すぎない
    石けんのイラスト石けんの勝ち。
    成分がシンプルな石けんはとても安いです。一方、アトピー肌に使えるタイプのボディーソープ・シャンプ-のお値段は結構高いです。

こんな感じで、石けん・合成洗剤の両者に一長一短があって、一方が「絶対的に優れている!」というわけではないです。

なので、

no name
アトピーなら石けん以外使っちゃダメ!

とか

no name
石けんはむしろアトピーに悪いです!ウチの会社のシャンプーなら安心ですよ!

というような意見は少し極端なのかもしれません。個人の状況や好みによって、どちらを選ぶべきかは変わってくるのだと思います。

個人的には、石けん・合成洗剤の片方にこだわるのではなくて

  • 皮膚炎が酷くてお風呂がツラい段階・時期
    → 低刺激で炎症部分でもシミにくく、皮膚pHがアルカリ性に傾くのを防げる、弱酸性のボディーソープを使う。添加成分の多さや、値段の高さには目をつぶる。
  • 皮膚炎が落ち着いた段階・時期
    → 成分がシンプルな石けんを使う。安いし添加成分による悪影響も無い。炎症や掻き傷が少ないから、石けんでもシミない。

のように、皮膚炎の状態によって使い分けるのもアリだと考えています。

ですので、石けん・合成洗剤の両方について、アトピー肌に使えるような商品をいくつか知っておくと便利だと思います。

空気の乾燥の度合いや季節によって、使う石けん・シャンプーを必要に応じて変えることも出来ますし。

アトピー肌向けの石けん・シャンプー・ボディソープまとめ

前置きが長くなりましたが、ここから、オススメできる実際の商品をピックアップしていきたいと思います。

  • 石けん
  • ボディーソープ
  • シャンプー

の3カテゴリに分けて、順番にご紹介します。

アトピー肌に優しい石けん

アトピー肌に石けんを使うメリットは、とにかく成分がシンプルであることです。

固形石けんの原材料表記を見ると、「石けん素地」とだけ書いてある商品が多いです。

余計な成分が入っていなければ、添加物・化学物質が原因の皮膚トラブルは起こりません。

この点が、「アトピーなら石けんを使った良い」とよく言われる理由だと思います。

おすすめは、原料の油脂は牛脂がメインの、昔ながらのオーソドックスな石けんです。

牛脂などの動物性の油脂からつくられる石けんは、パーム油など植物性油脂が原料の石けんよりも低刺激だと言われていますし、実際に私もそう感じます。

また、添加物は全く入っていないか、入っていても数種類であって内容に問題がない商品じゃないとダメです。

アトピー対策用の石けんの選び方については、こちらの記事↓で結構くわしくまとめています。読んでみてください。

さて、このようなチェックポイントをクリアする石けんはいくつかありますが、ここでは2つご紹介いたします。

暁石鹸 浴用オリブ

【全成分】

石けん素地

石けん百貨 : 暁石鹸 浴用オリブ 通販

石けん素地の原材料は、牛脂・ヤシ油・水酸化ナトリウムです。

暁石鹸の「浴用オリブ」は、原料の油脂が牛脂とヤシ油のオーソドックスな石けんです。

石けんの泡はアトピー肌にどうしても刺激となりますが、浴用オリブだとシミにくいと感じます。

値段も安いですから、「やっぱり、添加物の少ない石けんが安心。」という場合には、この石けんをまずは試してみてはどうでしょうか。

池田さんの馬油石鹸

【全成分】

馬油石けん素地【九州馬油使用】、水、グラニュー糖、グリセリン、エタノール、海塩、桧油

池田さんの石けん 製品紹介

原材料のエタノールは「キャリーオーバー成分」であり、製造過程でほぼ揮発しているそうです。

原料の油脂が馬油100%の石けんです。

動物性油脂のみが使われているので、刺激感が小さいと感じるケースが多いはずです。

原料が食用油でないという点がアレルギー防止の面で安心できますし、馬油は古くからスキンケアに使われてきたアイテムです。

添加物として「水・グラニュー糖・グリセリン・エタノール・海塩・桧油」が含まれていますが、石けんを透明にするためのものがメインで、刺激になる危険性は小さいです。

ドラッグストアで売られていることが少ない、価格が高め、といった欠点はありますが、アトピー肌にオススメできる石鹸です。

私もお風呂場に1個置いてありまして、時期や気分によって使っています。満足のいく使い心地です。

謝罪会見で頭を下げる取締役オススメ商品変更について

この記事の公開当初、シャボン玉石けんの「浴用」を第一候補としてオススメしておりましたが、このたび変更いたしました。

変更の理由は、もっと刺激感の小さい(と思われる)石けんがあることが分かったからです。
(シャボン玉石けん「浴用」がアトピー肌用の石けんとして適していない、というわけではありません)

このページをきかっけに既にご購入されている場合、ご容赦・ご理解いただけますと幸いです。

2017/06/27

アトピー肌に優しいボディソープ

ボディーソープ(合成洗剤)を使うメリットの中でも重要なのは、

  1. 石けんに比べて刺激が小さい製品がある
  2. pHが弱酸性の製品もある

という2つのポイントだと思います。

まず、敏感肌向けに作られたボディーソープは石けんよりも刺激が小さく、炎症部分に泡が触れてもシミにくい製品が多いです。

これは、洗浄成分の界面活性剤自体に低刺激なモノが使われているからです。

アトピーの炎症や掻き傷があるときの入浴や洗顔って、本当にツラい(というか痛い)ですよね。

でも、石けんやボディーソープの泡で患部を洗って皮膚を清潔にキープするのは、アトピー改善のためにはどうしても必要なことです。

少しでも刺激が小さく、傷にしみにくいボディーソープを使うと、毎日のお風呂がだいぶ楽になるはずです。

あと重要なのは、ボディーソープにはpHが弱酸性の商品があるという点です。

健康な皮膚のpHは弱酸性にキープされていますが、アトピー体質の方の皮膚はアルカリ性に傾きがちと言われています。

皮膚pHがアルカリ性側に寄ってしまうと、皮膚バリア機能の低下・黄色ブドウ球菌の増殖につながり、アトピー悪化の原因となってしまいます。

そして、アトピー肌のpHがアルカリ性に傾いてしまうのは、毎日の入浴・洗顔で使う石けんの泡もその原因の一つ。

石けんは構造上、pHがどうしても弱アルカリ性になってしまいますから、洗った後の皮膚は一時的に弱アルカリ性になります。

健康な皮膚では、皮脂の分泌や皮膚常在菌の働きによって、しばらくすると自動的に皮膚のpHは弱酸性に戻ってくれます。
(この機能は「アルカリ中和能」と呼ばれることもあるようです)

一方、アトピー肌では皮膚の乾燥や炎症によってこの機能が上手く働かず、弱酸性に戻りにくい。

そのため、皮膚のpHが弱アルカリ性のままになってしまいがちなのです。

こういう石けんのデメリットを考えますと、アトピーの状態が辛い時や乾燥がひどい季節などは、石けんではなくて弱酸性のボディーソープを使った方が良いと思います。

ということで、刺激感の小さいボディーソープ、弱酸性のボディーソープのオススメをご紹介します。

謝罪会見で頭を下げる取締役オススメ商品変更について

石けんと同じように、ボディーソープについてもオススメ商品を変更いたしました。
(「シャボン玉EM石けんボディーソープ」と「キュレル 泡ボディウォッシュ ポンプ」を掲載していましたが、別の製品に差し替えております)

刺激性の大小・pH(弱酸性)・界面活性剤の種類など、総合的に判断した結果です。

このページをきかっけに既にご購入されている場合、ご容赦・ご理解いただけますと幸いです。

2017/06/27

ココイルボディーソープ

【全成分】

水、ラウレス-5カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ペンチレングリコール、ラウリン酸BG、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-7、マコンブエキス、グリチルリチン酸2K、ベルガモット果実油、BG、グリセリン、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン

ココイルボディソープ1000ml詰め替えパック ベルガモットの香り 商品詳細

弱酸性のボディーソープは色々とありますが、本当の意味で「弱酸性で肌に優しい」ボディーソープは少ないそうです。

ドラッグストアなどで安く売られている弱酸性のボディーソープは、洗浄成分に「ラウリル硫酸系」「ラウレス硫酸系」の界面活性剤が使われているものがほとんど。

この種類の界面活性剤は洗浄力と刺激性が強すぎるため、刺激に弱いアトピー肌にはオススメできません。

一方、ココイルボディーソープの主成分は「ラウレス・5カルボン酸ナトリウム」という界面活性剤で、「酸性石けん」と呼ばれているものです(名前が似ていますが、「ラウレス硫酸系」ではありません)。

弱酸性の条件でもキチンと洗浄力を持つ一方、皮脂を取りすぎないので敏感肌・乾燥肌に優しい成分であると言われています。

また、ココイルボディーソープの泡は、炎症部分に触れてもそこまでシミません。これが石けんとの大きな違いです。

洗い上がりは「しっとり」というのが、個人的な感想です。

我が家では、「コレで洗うのが一番お肌の調子が良い!」という妻の感想から、子どもたちにはこのボディーソープを使っています。

なお、通販では詰め替え用パック(1,000ml)しか買えないので、ポンプ付きのボトルを用意する必要があります。ココイルの通販サイトでもボトル(500ml)は買えます。

ここまでメリットのみ書いてきましたが、デメリットもあります。主に2つです。

1つ目は、香り付けのためにエッセンシャルオイルが入っているので、体を洗うときに香りが立ってしまう点です。

匂いに敏感な場合は、ちょっと気になるかもしれません。

ローズと柑橘かんきつ系のベルガモットの2種類があります。バラの甘い香りが苦手なら、ベルガモットの方がよいと思います。

2つ目の欠点は、ちょっと価格が割高で、ドラッグストアに置いてないということです。

決してべらぼうに高いわけではありませんが、ドラッグストアに並んでいるボディーソープに比べたら、良いお値段します。

また、街中のドラッグストアには普通置いていないので、手軽には買えないです。ネット通販では普通に買えます。

こんな感じのデメリットがありますが、ココイルボディーソープの性能と特徴を考えたら、全然目をつぶれるレベルだとは思います。

ミノン 全身シャンプー(しっとり)

【全成分】

[有効成分]
アラントイン、グリチルリチン酸アンモニウム
[その他の成分]
濃グリセリン、DL-PCA・Na液、アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリ二ウムベタイン、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン、ラウリン酸ジエタノールアミド、クエン酸、パラベン、香料

全身シャンプー(しっとり・さらっと)|ミノン

低刺激という点で一番のオススメは、「ミノン全身シャンプー(しっとり)」です。pHもキチンと弱酸性になっています。

髪(頭皮)にも使えますから、コレ一本で全身洗えます。

刺激が強い一般的な陰イオン系界面活性剤ではなく、きわめて低刺激の両性イオン界面活性剤が主成分として使われているため、敏感肌ボディーソープの中でも最もシミにくいです(と私は感じます)。

炎症部分に泡が触れても、ほとんどシミません。目の中に入ってもほぼ痛くありません。それくらい、低刺激です。

皮膚に炎症や掻き壊しがあると、毎日のお風呂はツラくて仕方ないですが、こういう超低刺激のボディーソープを使うとだいぶ楽になると思います。

また、ミノン全身シャンプーには

  • アラントイン
    ← 傷の修復を促す作用があるとされる(有効成分)
  • グリチルリチン酸アンモニウム
    ← 抗炎症作用・抗アレルギー作用を持つとされる(有効成分)
  • DL-PCA・Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)
    ← 天然保湿因子の一種で、保湿性を高める

といった成分が入っている点も、アトピー肌には嬉しいですね。

お店によってはドラッグストアでも取り扱いがありますし、価格がそこまで高くないです。

唯一の難点は、香りがちょっとあること。苦手な方は気になるレベルかもしれません。

ただ、総合的に見て、ミノン全身シャンプーはアトピー用としてかなり優れた製品だと言えます。

アトピタ 保湿全身泡ソープ

【全成分】

水、コカミドプロピルベタイン、DPG、コカミドメチルMEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ラノリン脂肪酸コレステリル、ヨモギエキス、ラウリン酸、TEA、ラウリン酸ポリグリセリル―10、カプロイルメチルタウリンNa、BG、クエン酸、EDTA―2Na

保湿全身泡ソープ「アトピタ」|丹平製薬株式会社

「アトピー肌でもシミない」という意味では、アトピタの保湿全身泡ソープもオススメです。ほとんどシミないです。

低刺激の界面活性剤(両性イオン系・非イオン系・アミノ酸系)が使われていているから、低刺激なんだと思います。

「アトピタ」ブランドはアトピー対策に限らず、赤ちゃん用の製品として結構人気ですから、ドラッグストアにも置いてあることが多いはずです。

価格も高くないですし、手軽に買えるのが大きなメリットですね。

また、ポンプを押すと泡が出てくるタイプなので、泡立てる手間が省けます。面倒くさがりの私としては、コレも嬉しいポイント。

ただ、添加成分として「ヨモギエキス」が含まれているので、人によっては「逆効果」となってカブれるリスクもあります。

もちろん、使ってみてトラブルが起こらなければそのまま使えますので、そこまで大きなデメリットでは無いかと思います。

アトピー肌に優しいシャンプー

シャンプーもボディーソープと同様、出来る限り低刺激でシミない製品がオススメです。

髪質(キューティクル、ハリ・ツヤなど)よりも、頭皮のことを最優先にケアしてあげたほうが安全だと思います(特に頭皮にアトピーがある場合)。

謝罪会見で頭を下げる取締役オススメ商品変更について

シャンプーについても、オススメ製品を変更いたしました。
(「シャボン玉EMせっけんシャンプー」と「キュレル シャンプー ポンプ」を掲載していましたが、別の製品に差し替えております)

石けんシャンプーについては洗髪後のクエン酸リンスの刺激が強いこと、キュレルシャンプーについては界面活性剤の種類がベストではないことが変更の理由です。

このページをきかっけに既にご購入されている場合、ご容赦・ご理解いただけますと幸いです。

2017/06/27

ミノン全身シャンプー(しっとり)

このページで2回目の登場となりますが、「ミノン全身シャンプー」は頭皮を洗うシャンプーとしても優れた製品です。

頭皮の乾燥やフケが気になる場合は、特におすすめです。

使い心地ですが、すすぎの時に少しだけキシキシしますけど、乾いたあとはサラサラで指通りも良い感じです。

個人的には、「コレ一本で頭から足先まで全部洗える」という点が気に入っています(面倒くさがりなので)。

はじめに髪を洗う。

髪を洗い終わる頃にはタップリ泡立っている。

その泡で体や顔も洗ってしまう。

というふうに、超短時間で洗髪・洗体を終えてしまっています。

整髪料を付けている日は、少量のシャンプーでまず髪を洗って整髪料を洗い流したうえで、もう一度髪を洗い、その泡で体を洗っています。

「そういう洗い方はちょっとね・・・^^;」と思う方も多いはずですが、「別にそれでもOK!」という場合はぜひ試してみてください。めっちゃ楽です。

ミノン 薬用へアシャンプー

【全成分】

[有効成分]
グリチルリチン酸2K
[その他の成分]
ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、BG、POEセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル、ラウリン酸ポリグリセリル、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、安息香酸Na、パラベン、香料、ヒドロキシエタンジホスホン酸液

ヘアケア(薬用ヘアシャンプー・コンディショナー)|ミノン

ミノンの同じシリーズのシャンプーです。

ボディーソープと同様に低刺激のシャンプーです。全身シャンプーよりも、「泡立ち」「すすぎやすさ」「髪のまとまり」といった使用感の部分で優れています。「普通のシャンプー」の使い心地です。

ただ、その分だけ成分が多くなっています(他のシャンプーに比べたら全然少ないですが)。

no name
髪にはやっぱり普通のシャンプーが使いたい

というときには、こちらのシャンプーがオススメです。

アトピー肌に優しいコンディショナー・リンス

アトピーのことを考えると、コンディショナーやリンスは使わない方が安全です。コンディショナーの成分によって、頭皮にトラブルが出るリスクがあるからです。

とはいえ、

no name
コンディショナーを使わないと気持ち悪いの!

という方も多いはず。

ということで、2点ピックアップしてみます。

【全成分】

グリチルリチン酸2K(有効成分)、精製水、セタノール、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、ジメチコン、スクワラン、パルミチン酸イソプロピル、高重合ジメチコン-1、塩化ジアルキル(12~18)ジメチルアンモニウム液、無水クエン酸、BG、オレンジ油、ユーカリ油、イソプロパノール、エタノール、フェノキシエタノール

花王株式会社 キュレル コンディショナー [ポンプ] 【医薬部外品】

【全成分】

[有効成分]
グリチルリチン酸2K
[その他の成分]
セテアリルアルコール、BG、濃グリセリン、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、L-グルタミン酸、ホホバ油、高重合ジメチコン-1、ジメチコン、DL-PCA・Na液、香料、POE硬化ヒマシ油、アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体、アルギニン、パラベン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、PCA、乳酸Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール、アスパラギン酸、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、水酸化Na、グリシン、アラニン、セリン、L-バリン、L-イソロイシン、スレオニン、プロリン、ヒスチジン、L-フェニルアラニン

ヘアケア(薬用ヘアシャンプー・コンディショナー)|ミノン

この2つは、コンディショナーのなかでも低刺激ですから、アトピー肌でもトラブルが起こりにくいはずです。

私も実際に使ってみましたが、特に問題はありませんでした。

まとめ

私のように小さな頃からアトピーに悩まされてきた場合、「アトピーに悪いこと」についての情報が色々と耳に入ってきますよね。

no name
アトピーなら石けんを使うべき!市販のボディーソープとかシャンプーはダメ!

というのもその1つです。

実際、私も当サイトで

no name
成分がシンプルな石けんが最良。
no name
石けん・シャンプー選びは「石けんでOK」と割り切ってオシマイにすべき。

と書いていました。

でも、そんなに極端に考える必要もないのだと思い直しました。

石けんと合成洗剤(ボディーソープ・シャンプー)には、それぞれメリット・デメリットがあるので、状況に応じて使い分けるのが良いのだと思います。

繰り返しになりますが、具体的には

  • アトピーの皮膚炎がツラいとき
    → pHが弱酸性で低刺激のボディーソープ・シャンプーを使う。成分の多さ・値段の高さというデメリットよりも、メリットの方が大きい。
    ※ 石けんだとシミるのでお風呂が辛くなるし、pHが弱アルカリ性の石けんだと皮膚のpHを弱酸性にキープしづらくなる。
  • アトピーの皮膚炎が落ち着いてきたとき
    → 皮膚に炎症が少なくなれば、石けんでも刺激を感じにくくなる。「成分がシンプル」という石けんのメリットが相対的に大きくなる。もちろん、そのまま弱酸性・低刺激のボディーソープを使い続けてもOK。

のように使う製品を選んでいきます。

もちろん、こんなに難しく考えなくてもOKです。

特にコダワリが無いのであれば、「ミノン 全身シャンプー(しっとり)」を試してみてください。

刺激の無さ(小ささ)と弱酸性のpHは、やはりアトピー肌にとってメリットがかなり大きいですので。

以上、アトピー肌にも安心して使える石けん・ボディーソープ・シャンプーの一覧でした。

今回ご紹介したもの以外にも、アトピー用として優れた製品はあるはずので、余裕がある場合は色々と探してみるのも楽しいかもしれません。

その際には、

  • 石けん
    → 成分ができるだけシンプルなもの。原料の油脂の種類にも気を付ける。
  • ボディーソープ・シャンプー(合成洗剤)
    → pHが弱酸性のもの。主成分の界面活性剤の種類に気を付ける。

といったポイントを優先してチェックすると、探しやすくなるかと思います。

以下の記事もよろしければご活用ください。↓

ご参考になれば幸いです。

この記事の参考文献・サイト

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: 石けん・シャンプー選び