アトピー肌にも安心安全な石けん・シャンプー・ボディソープ一覧

 投稿日    最終更新日 2016/12/16

child09

アトピーを改善して治していくためには、毎日の入浴できちんと身体を洗ったり、洗顔を丁寧に行うことが大切です。

ただ、アトピー肌の場合、皮膚に炎症があるため、普通の肌に比べて刺激を受けやすくなっています。

だから、身体を洗ったり顔を洗ったりするときに、「痛い!」「シミる!」と感じてしまうわけですね。

アトピー治療のためには、出来る限り刺激の小さい石けん・シャンプー・ボディソープを使うことが大切です。

そこでこの記事では、

アトピー性皮膚炎の方でも安心して使える、安全性の高い石けん・シャンプー・ボディソープ

一覧にしてまとめてみたいと思います。

この記事を読むと次のことが分かります
  • アトピー肌に使える石けん等の条件とは
  • おすすめの石けん・シャンプー・ボディソープ一覧

【Sponsored Link】




 

1. アトピー肌にも使える石けん等の条件

初めに、アトピー肌にも使える石けん・シャンプー・ボディソープの条件について整理しておきます。

  • 余計な添加物成分が入っていない or 少ない
  • 使ってみて肌への刺激が無い or 少ない
  • アレルゲンとなり得る物質が入っていない
  • 高価でない

というような条件を満たせばOKです。

一般的なシャンプー・ボディソープは、他の商品との差別化を図るため、色々な「有効成分」を添加して高機能性が強調されているのが普通です。

これらは、肌への「プラスα」を狙って加えられた添加物ですが、アトピー体質で皮膚のバリア機能が低下している状態ですと、

このようなプラスαの成分が、逆に肌への刺激となったり、場合によってはアレルゲンとなったりして、アトピーを悪化させる原因になってしまう危険性があります。

従って、アトピー肌に使う石けん等には、必要最低限の成分しか含まれていない製品がふさわしいのです。

また、「理論的には刺激が少ないはずだ!」と思っても、実際に使ってみて刺激がある(強い)と感じるのであれば、その石けんやシャンプーは使わないようにします。

刺激自体が皮膚炎の悪化に繋がりますし、「刺激を我慢しなければならない」と思うと入浴や洗顔が、とたんに億劫になってその頻度が下がってしまうからです。

最後に、1つ数千円もするような高価過ぎる石けん等は、おすすめしません。

そのような商品は、色々な添加物が入っていることが通常ですし、金銭的負担になってしまうからです。

 

以上のような「石けんの選びの考え方」については、↓の記事でより詳しくお話しています。ご参照ください。

Related article

マウスを合わせると記事の説明が表示されます。リンク先の記事は別タブで表示されますので、後で読むことが出来ます。 タイトルをタップすると記事の説明が表示され、もう一度タップするとリンクが開きます。別タブで表示されますので、後で読むことが出来ます。

2. アトピー肌にも安心な石けん・シャンプー・ボディソープまとめ

ここから、アトピー肌にも使える石けん等について、実際の商品を何点かピックアップしてまとめてみたいと思います。

まず、前提として

石けんとそれ以外の合成洗剤(市販のシャンプー・ボディソープはほぼコレ)のどちらが良いか?

という点については、基本的に石けんの方が安心だと私は考えています。

ただ、合成洗剤を使ってはならない!というわけではなく、おすすめ出来る商品もあります。

では、順番に見ていきましょう。

2-1. アトピー肌に優しい石けん

アトピー肌に使える石けんの条件は、

  • 添加物が入っていない(少ない)こと
  • けん化法という昔ながらの製造法で作られていること
  • 主原料の油脂がオーソドックスなものであって、食用油ではないこと

の3つです。

なぜこのような条件になるかは、『アトピーでも安心な石けん・シャンプー選びの5つのポイント』の記事をご参照ください。

2-1-1. シャボン玉石けん「浴用」

シャボン玉石けんは、無添加の石けんを長く製造販売している石けんメーカーです。

シャボン玉石けんの製品のなかでも、もっともオーソドックスなタイプである「浴用」シリーズが、アトピー肌にはおすすめです。

成分は石けん素地のみで、主原料の油脂はオーソドックスな牛脂とパーム油で、人間が古くから使ってきた石けんです。

成分がシンプルですから、他の石けんやボディソープに比べてかなり安いのもポイントが高いです。

男性やお子さんであれば、身体や顔はもちろん、髪もこの石けんで洗えます。

髪を洗ったあとにはキシキシとしてしまいますが、男性であれば気にならないレベルですし、肌に優しいコンディショナー・リンスを使えば、問題は解決されます。

特にこだわりが無い場合には、シャボン玉石けんの「浴用」を使うことをおすすめします。

2-1-2. 池田さんの馬油石鹸

原料の油脂が馬油100%の石けんです。

原料が食用油でないという点が、アレルギー防止の観点から優れていますし、馬油はスキンケアアイテムとして日本では古くから使われてきました。

添加物として、水・グラニュー糖・グリセリン・エタノール・海塩・桧油が含まれていますが、石けんを透明にするためのものがメインで、刺激になる危険性は小さいです。

シャボン玉石けん「浴用」と同様に、アトピー肌に安心して使える石けんです。

2-2. アトピー肌に優しいボディソープ

ボディソープは石けんに比べて使い勝手が良いことがそのメリットですが、ものによっては添加物が多く肌への刺激が大きい製品もありますから、要注意です。

以下のボディソープは、アトピー肌でも刺激が少ない製品ですから、安心して使うことができます。

2-2-1. シャボン玉EMせっけんボディソープ

プッシュすると泡が出てくるタイプのボディソープです。

アトピー肌を優しく洗うには、タオルやスポンジを使うのではなく、手に泡を付けて手のひらで洗う方が肌への負担が小さくなるのでベターです。

その意味でも、泡で出るタイプのボディソープは使い勝手が良いのでおすすめです。

この「シャボン玉EMせっけんボディソープ」は、合成洗剤(合成界面活性剤)ではなく石けんを水に溶かしたもので、成分は石けん素地と水のみです。

主原料はシャボン玉石けん「浴用」と同じですが、環境に配慮して石けんの生分解性を高めるEM菌が添加されています(肌への影響は無いです)。

石けんをいちいち泡立てネットで泡立てるのが面倒くさい!という場合には、このボディソープがおすすめです。

2-2-2. キュレル 泡ボディウォッシュ ポンプ

こちらも泡で出るタイプのボディソープですが、石けんではなく合成界面活性剤です。

キュレルシリーズはアトピー肌にも使える低刺激性の製品ですが、ボディソープも刺激が小さいのが特徴です。

また、保湿成分や消炎有効成分が添加されていますから、炎症があり乾燥しているアトピー肌には良いと思われます。

ただし、石けんに比べてどうしても添加物成分が多いですから、肌に合わない可能性は石けんに比べて高くなってしまいます。

実際に使ってみて、肌に合う/合わないを慎重に確かめたうえで、継続して使用するかの判断をす必要があります。

2-3. アトピー肌に優しいシャンプー

シャンプーは、髪のキューティクル保護やハリツヤのことを優先するのではなく、頭皮への刺激が小さいことを最優先に考えます。

ですから、基本的にボディソープと同様の選び方になります。

2-3-1. シャボン玉EMせっけんシャンプー

上でご紹介したボディソープと同じシリーズのシャンプーです。

成分は「石けん素地と水」のみですから、安心してアトピー肌に使うことが出来ます。

2-3-2. キュレル シャンプー ポンプ

ボディソープと同様に低刺激性で、乾燥によるフケ・痒みを防ぐ成分が添加されています。

石けんで髪を洗うのはちょっと・・・

という場合には、この製品がおすすめです。

2-4. アトピー肌に優しいコンディショナー・リンス

コンディショナーやリンスは、基本的に髪をケアする目的のもですから、頭皮のことのみを考えた場合には使わない方がおすすめです。

頭皮の乾燥が酷い場合には、ヒルドイドローションのジェネリック製品である「ビーソフテンローション」(透明の液体タイプ)を使うとかなり防げますから、

乾燥を理由にコンディショナーを使っている場合には、保湿剤を頭皮に塗る方法をおすすめします。

そうは言っても、女性の場合にはコンディショナーやリンスを使いたいと思われる場合が多いと思いますから、1点ご紹介します。

2-4-1. キュレル コンディショナー ポンプ

シャンプー・ボディソープと同様に低刺激なコンディショナーですから、アトピー肌でもある程度安心して使うことが出来ます。

コンディショナーは、シャワーでしっかりと洗い流すことが必要です。


【Sponsored Link】




 

3. まとめ

以上、アトピー肌に安心安全な石けん・ボディソープ・シャンプー・コンディショナーをピックアップしてご紹介してきました。

石けん業界の回し者か!

という感想を抱かれたかもしれません(笑

でも、アトピー性皮膚炎のことを考えると、

  • 余計な成分による肌トラブルを未然に防ぐためにも、石けんやシャンプーには「プラスα」を求めない。
  • 汚れが落ちれば、必要最低限の成分でOK。
  • 古くから使われている成分の方が安心。

という論理で、シンプルな石けんが最良だと私は考えます。

シャンプーやボディソープにアトピー改善のための「プラスα」を求めて、色々と情報収集していたら、いつのまにか高額な商品を買っていた・・・

というような話もよくあります。

石けん・ボディソープ選びは、「石けんでOK」と割りきってオシマイにして、

その労力とお金を、アトピー改善のための他のこと(本当に必要なこと)に費やす方が、アトピー改善のためには有効です。

この記事がご参考になれば幸いです。


【Sponsored Link】




 

こちらの記事も役に立つかもしれません

今回の記事に関連する記事ですので、合わせてお読みになるとさらに理解が深まると思います。

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: 石けん・シャンプー選び