アトピーでも安心な石けん・シャンプー選びの5つのポイント

 投稿日    最終更新日 2016/12/16

child08

アトピー性皮膚炎を治していくためには、

入浴時にきちんと身体を洗うこと、洗顔をきちんと行うこと

大切と言われています。

皮膚を清潔にキープしておくことが、アトピー悪化を防止することに繋がるからです。

 

でも、皮膚炎がある状態ですと、身体を洗ったり洗顔したりするとき、

傷にめっちゃシミる!痛いんですけど・・・

のように、身体を洗うことや洗顔に苦痛を感じてしまいます。

皮膚炎が落ち着いてくれば、このような痛みも減ってくるのですが、それまではある程度の刺激が伴います。

でも、出来るだけシミずに、痛くない方法で身体を洗いたいですよね。

気持ち的にもそうですし、苦痛でなくなれば、入浴や洗顔の頻度も自然と増えて、アトピー改善の好循環に乗って行くことも出来ます。

 

身体を洗う際や洗顔時に痛い!と感じる原因の1つには、石けんやシャンプーの刺激が挙げられます

 

そこでこの記事では、

アトピー肌でも安心して使える石けん・シャンプーの選び方

について、5つのポイントを挙げながらお話していきたいと思います。

この記事を読むと次のことが分かります
  • アトピー肌のための石けん選びの大原則
  • 安全な石けん・シャンプーの成分とはどういうもの?
  • 具体的な選び方

【Sponsored Link】




 

1. アトピー対策としての石けん・シャンプー選びの大原則

細かいお話に入る前に、まず、石けん・シャンプー・ボディソープを選ぶ際の「大原則」について確認しておきます。

それは、

石けんやシャンプーを変えるとアトピーの悪化は防止できるけれど、アトピーを改善することは出来ない

ということです。

どういうことか?詳しく見ていきましょう。

刺激の強いシャンプー・ボディソープ・洗顔料は、明らかなアトピー悪化原因です。

これらをより肌に優しい・刺激の小さいモノに変えることで、アトピー悪化原因が減り、アトピーの悪化に歯止めをかけることが出来ます。

これが、「アトピーの悪化は防止できる」という意味です。

 

逆に、刺激の小さいシャンプーやボディソープを使っている状態で、それらを「よりアトピーに良い」モノに変えても、アトピーが改善される可能性はかなり低いです。

「よりアトピーに良い」と宣伝されているシャンプーやボディソープは多いですが、これらにアトピー改善に繋がるプラスαを求めるのは、オススメしません。

その理由は

  • アトピー改善に有効である根拠が乏しい(無い)ことが多い
  • 有効成分が逆に肌への刺激となる危険性がある

という2つです。

要は、「効果がある可能性が低いし、逆効果になる危険性がある」ということです。

 

アトピー治療では、シャンプー・ボディソープに「プラスα」を求めるよりも先にやるべきことがたくさんあります。

一部のネットワークビジネス(マルチ商法)では、「このシャンプーに変えれば、アトピーは良くなります!」のように宣伝する・ほのめかすことがあり、

1本数千円もする高額なシャンプー・ボディソープの購入を勧めることがあります。

 

このように、石けん・シャンプー・ボディソープにはアトピーを改善するプラスαを求めるのではなく、

「肌への刺激が極力弱く、きちんと汚れを落とせること」という最低条件のみを求める

というスタンスが、選び方の大原則となります。


【Sponsored Link】




 

2. 石けんか?合成界面活性剤(合成洗剤)か?

身体を洗うアイテムを大きく分類すると

  • 石けん
  • 合成界面活性剤(合成洗剤)

の2つに分類されます。

詳しい話はここでは省略しますが、石けんと合成洗剤では、その構造が異なります。

石けんは天然に存在する油脂を「けん化」することで製造され、合成洗剤は同じ特徴を持つ構造を人工的に作り出すことで製造されます。

身体を洗うために、衣類の洗濯のために、石けんは古くから使われてきました。

合成洗剤は、第一次世界大戦下のドイツで、食料不足で油脂を原料にする石けんを製造する余裕がなくなったために、その代替品として発明されたと言われています。

初期の合成洗剤は、自然界で分解されずそのまま残るため、環境破壊を引き起こしたとされていますが、近年の合成洗剤は生分解性が高くなるように工夫されていて、環境に優しいものが登場しているそうです。

市販のシャンプー・ボディソープのほぼ全てが合成洗剤に分類されます。

 

さて、私たちに問題となるのは環境への優しさではなく、あくまでも「肌への優しさ」です。

石けんと合成洗剤(シャンプー・ボディソープ)のどちらが肌に優しいのでしょうか。

 

この点をインターネット上や文献でリサーチしますと、

  • 石けんの方が段違いで肌に優しい!(石けん派の主張)
  • 石けんの洗浄力は合成洗剤よりも劣ることはない(石けん派の主張)
    ←「石けんは汚れの落ちが悪い」という批判に対する回答として
  • 合成洗剤を使っても肌に副作用が起こらず、安全性は確立されている(洗剤メーカーの主張)

などなど、色々な意見・主張が出てきます。

これらを読んでいくと、

より肌に優しい石けんの洗浄力が合成洗剤と同レベルなのはどうして?洗浄力が同じなら、肌への優しさは同じなのでは?

といった疑問・ツッコミも頭のなかに湧いてきます。

このような1つ1つの主張が正しいのか検討することはかなり困難ですし、あまり意味も有りません。

 

ここでは、アトピー肌に石けん・合成洗剤のどちらを使う方が安心できるか?という観点から、優先順位をつけてみます。

すると、

  • 石けんと合成洗剤の洗浄力が同程度であるとすれば、肌への優しさは添加物の数・種類に影響されるはず。
  • 石けんと合成洗剤を比較すると、圧倒的に石けんの方が添加物が少ない。
  • 昔ながらの石けんは、何千年レベルの長きに渡って人間が使用してきたもので、安全性は体験的に実証されている。

という論理で、「石けんの方がアトピーに肌にとっては良い」という結論になります。

この論理や結論にも突っ込みどころがありますが、とりあえずはあまり気にせず読み進めて頂けると幸いです。


【Sponsored Link】




 

市販のシャンプーやボディソープよりも石けんの方がアトピー肌には安心・安全であるとして、次のページでは、石けんの選び方について、いくつかのポイントを挙げながらご説明していきます。

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: 石けん・シャンプー選び