アトピー肌・敏感肌でも安心・安全な洗濯洗剤のおすすめ2つ

 投稿日    最終更新日 2016/12/16

laundry02

アトピー肌や敏感肌のケアのためには、衣類やタオルのお洗濯につかう洗濯洗剤にも気を付けることが大切と言われています。

 

アトピー肌・敏感肌に優しくて安全性の高い洗濯洗剤とは、

  • 蛍光増白剤や芳香剤(香料)などの余計な成分が含まれていない
  • 含まれている界面活性剤の安全性が高く、皮膚への刺激が小さい
  • 衣類に界面活性剤が残りにくい

というような条件を満たすモノです。

それに加えて、毎日のお洗濯がストレスにならないことも大切です。

どんなにお肌に良いとされていても、毎日行うお洗濯が大変になって精神的な負担になってしまっては、本末転倒です。

この記事では、このような条件をクリアする洗濯洗剤を2つピックアップしてご紹介したいと思います。


【Sponsored Link】




 

1. アトピー肌でも安心して使える2つの洗濯洗剤

まず、「アトピー肌のためには洗濯石けんでお洗濯した方が良い」という意見が多いですが、私はこの意見には反対です。

むしろ、洗濯石けんにはアトピーにとって悪い影響の方が多いと考えています。

その理由は、

  • 石けんカスが衣類に残りやすく、皮膚に触れて刺激となる。
  • 洗濯槽に残った石けんカスが、黒カビの繁殖に繋がる。
  • 洗濯石けんを使ったお洗濯は難しく、ストレスになる。

というものです。

アトピー肌のためには、出来る限り安全性の高い合成洗剤がベストだと考えています。

洗濯石けんでのお洗濯をおすすめしない理由については、↓の記事で詳しくお話していますので、疑問に感じる場合には後ほどお読み下さい。

Related article

マウスを合わせると記事の説明が表示されます。リンク先の記事は別タブで表示されますので、後で読むことが出来ます。 タイトルをタップすると記事の説明が表示され、もう一度タップするとリンクが開きます。別タブで表示されますので、後で読むことが出来ます。

安全性の高い合成洗剤とは、上でもお話しましたように、余計な成分(蛍光増白剤など)が一切含まれていない合成洗剤で、しかも衣類に残りにくい特徴をもつものです。

このような条件を満たす合成洗剤に限って、これからご紹介していきます。

1-1. All things in Nature




『All things in Nature』

「All things in Nature」というちょっと気取った感じのする横文字の名前ですが、アトピー肌にはとても優しい洗濯洗剤です。

その理由は、

  • 全成分は「合成界面活性剤2種・天然精油・水」だけ。
  • 蛍光増白剤・芳香剤・防腐剤等の余計な化学物質が含まれていない。
  • 使用されている合成界面活性剤の量は、一般的な合成洗剤の1/9(約11%)と非常に少ない。
  • 衣類に界面活性剤が残りにくい(一般的な洗剤の1/6程度)。
  • 少量でもしっかりと汚れが落ちる(ティースプーン1杯くらいでOK)。
  • 冷たい水道水でもきちんと汚れが落ちる。

などのメリットがAll things in Natureにあるからです。

この他にも、生分解性が100%だったり、合成界面活性剤の原料が100%天然植物由来だったり、すすぎが1回だけでOKだったり、色々な特長があります。

「環境への優しさ」が名前の由来だと思われますが、アトピー対策の視点からは、肌への優しさに注目したいです。

使用されている2つの合成界面活性剤は、

  • 高級アルコール系(非イオン)
  • ヤシ油脂肪酸アルカノールアミド

というものです。

高級アルコール系(非イオン)は、ポリオキシエチレンアルキルエーテル(通称AE)という名称の界面活性剤で、その特徴は皮膚刺激性が弱いのに洗浄力が強いことです。

化粧品の乳化剤や食品の乳化剤としても使われている、合成界面活性剤の中では相対的に安全性の高い界面活性剤と言えます。

ヤシ油脂肪酸アルカノールアミドも、AEと同様に非イオン系の合成界面活性剤で、安全性も生分解性も石けんに近いと考えられています。

 

なにより、この洗剤の一番のメリットは、使用量が少なくて済み、しかも衣類への界面活性剤の残留が少ないことです。

洗濯石けんで衣類に残った大量の石けんカスと、合成洗剤で衣類に残った僅かな合成界面活性剤のどちらが肌に悪影響を与えるか?を考えれば、当然石けんカスの方です。

アトピー肌や敏感肌のことを考えると、界面活性剤として石けんを使うか?合成界面活性剤を使うか?という視点ではなくて、そもそも衣類に界面活性剤が残るかどうか?の方を気にするべきです。

そういう意味で、衣類に残りにくい合成洗剤の方が優れていて、その中でもAll things in Natureのような衣類に残りにくい商品が一番アトピー肌にとっては優しいのです。

 

合成洗剤の主成分の合成界面活性剤を検索キーワードにGoogle検索すると、その危険性を喚起するサイトがたくさん出てきます。

でも、

  • そのようなサイトの運営者のほとんどは、「石けんを売りたい」人達であること。
  • そのために、情報が偏っていること。
  • 仮に、合成界面活性剤の方が皮膚への危険性が高いとしても、界面活性剤が衣類に残らなければ問題にはならないこと

を考えると、アトピー対策の情報としては役に立たないことが分かると思います。

もちろん、直接肌に使う石けん・ボディソープ・シャンプー・洗顔料などは、念の為に昔ながらの石けんを使った方が安全です。

でも、衣類に関しては、衣類に界面活性剤が残らず、ストレス無く毎日のお洗濯を出来る方が良いと考えます。

1-2. elmie(エルミー) 敏感肌・アレルギー肌にやさしい衣類の洗濯洗剤

若干お話が脱線しましたが、次のおすすめの洗濯洗剤はこちらです↓

最初にご紹介した洗剤とは打って変わって、非常に分かりやすい名前の洗濯洗剤です。

この洗剤の成分は、「合成界面活性剤2種、水軟化剤(アルカリ剤)、グリセリン、水」です。

使われている合成界面活性剤は、

  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル
  • アルキルベタイン

の2つです。

ポリオキシエチレンアルキルエーテルについては、上のAll things in Natureと同じです。

アルキルベタインという界面活性剤は、刺激性がほとんどなく、シャンプーやリンスにも使われている種類のものです。

なお、水軟化剤(アルカリ剤)は洗浄力を維持するために液性(酸性/アルカリ性)を保つ目的で、グリセリンは保湿成分として添加されているもので、皮膚に悪影響を及ぼす心配は小さいです。

この洗剤も、「衣類への残りにくさ」を重視して開発されたものです↓

洗濯のすすぎ不足による衣類に残留した石鹸や洗剤は、着衣後の体温と汗で徐々に肌に溶け出し、かゆみ・かぶれ・湿疹等を誘発することがあります。本品は、そのすすぎ切れない残留した石けん、洗剤の副作用を受けにくくするために、

すすぎで洗剤が残りにくい成分工夫と、肌への刺激性が心配される添加物を含まない、低刺激性の肌にやさしい洗剤です。

引用元:『elmie(エルミー)商品詳細ページ』

2. まとめ

以上、アトピー肌・敏感肌のためのオススメの洗濯洗剤のご紹介でした。

必要以上に合成界面活性剤を恐れず、衣類に残りにくいタイプの洗濯洗剤(合成洗剤)を使うのが、アトピー対策としてはベストだと思います。

この記事がご参考になれば幸いです。


【Sponsored Link】




 

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: アトピー悪化原因の特定・除去