【アトピー治療】ステロイドはいつまで塗ればいい?止め時の目安

 投稿日  

ステロイド外用薬をやめるタイミング

アトピー治療で皮膚炎に塗るステロイド外用薬は、塗るのを止めるタイミング(止め時)を間違えないことが大切です。

止めるのが早すぎても、遅すぎてもよくありません。

この記事では、アトピー性皮膚炎をきちんと治すために欠かせない、

ステロイド外用薬を塗るのをいつ止めるのか?

というポイントについて、具体的な目安をお話したいと思います。


【Sponsored Link】




 

1. 「ステロイドを塗るのをやめる」の2つの意味

「ステロイドはいつまで塗ればいいのか?」という疑問には2種類あると思います。

それは、

ずっとステロイドを使い続けてるけど、いつまで塗り続けるんだろう?いつやめられるんだろう?

という「脱ステロイド」に関する疑問

とりあえず皮膚炎はかなり綺麗になったけど、塗るのをやめていいのかな?

というステロイド外用薬の「用法用量」に関する疑問の2つです。

 

「アトピーの皮膚炎が出なくなって、ステロイド外用薬を使わないでも済むようになるのはいつ頃なんだろう?」という1つ目の疑問については、

そもそも皮膚炎が出にくくするための対策をしないと、問題は解決されません。

食生活の改善や規則正しい生活リズム、日用品の変更など、アトピーを悪化させる原因を1つ1つ取り除いていく作業をしないと、皮膚炎は出続けることになって、ステロイド外用薬はなかなか止められなくなってしまいます。

この点については、この記事の最後の方でお話します。

 

この記事のメインテーマは、ステロイド外用薬の用法用量の問題として、

処方されたステロイドはいつまで塗ればいいのか?

という疑問に回答することです。

2. 塗るのをやめるタイミングが悪いと何故いけないのか?

ステロイドを塗るのをやめるタイミングが悪いと、アトピー治療が上手くいかなくなってしまいます。

それは、

  • やめるタイミングが早い
    → 皮膚炎がすぐにぶり返し、慢性化してしまう。
  • やめるタイミングが遅い
    → ステロイドの副作用が皮膚に現れるリスクが高まる。

という理由からです。

やめるタイミングが早すぎても遅すぎても問題が起こってしまいますが、

私たちは「ステロイドは怖い」という印象やイメージを持ってしまいがちですから、

「やめるタイミングが早過ぎる」というケースの方が多いと言われています。

3. ステロイド外用薬はいつまで塗ればいいか?その目安

では、皮膚科で処方されたステロイド外用薬は、いつまで塗るのが正しいのでしょうか。

ステロイド外用薬を塗り続ける期間・止めても良いタイミングの目安についてお話していきます。

3-1. 「見た目上綺麗になったから塗るのを止める」はNG

アトピー以外の皮膚トラブル、例えばニキビや汗も、虫刺されなどで塗り薬を使う場合、見た目上で皮膚が綺麗になったら塗り薬を使うのをやめるのが通常だと思います。

でも、これと同じ感覚でアトピー治療のステロイド外用薬を使ってはいけません。

というのも、ステロイド外用薬をしばらく使って、皮膚炎が見た目上は綺麗になった段階でも、皮膚の下(内部)には炎症がしっかりと残っているからです。

この「見えない炎症」が残っている段階でステロイド外用薬をやめてしまうと、再びその炎症が広がって、皮膚炎が再燃してしまいます。

つまり、

見た目には皮膚炎が綺麗になったタイミングでステロイド外用薬を止めるのではなくて、それ以降もしばらくの間はステロイドをきちんと塗り続けてあげる

という使い方が正しいわけです。

 

この使い方については、アトピー専門の皮膚科医であればきちんと指導してくれますが、アトピーに詳しくない皮膚科医や小児科の先生ですと、

痒いところに塗って下さいねー。

くらいの指導しかしてくれないことが多いです。

そうなると、患者としては、皮膚炎が見た目上綺麗に治って痒みが取れた段階でステロイドを塗るのをやめてしまいます。

このような使い方がアトピーの慢性化に繋がっている、そう指摘する専門医は多いです。

 

皮膚が綺麗になった後もしばらくは塗り続ける」というポイントについては、最近のアトピー治療本には共通して記載されています。

アトピー治療本から一部引用します。

まずは、「ステロイドを塗るのを止めるタイミングが早過ぎるのはなぜNGなのか?」に関する文章です↓

患者さんは、こんな落とし穴に落ちています。

医師が「これをかゆいところにぬっておきなさい」と、ステロイド外用薬を処方すると、多くの患者さんは言われたとおりにかゆいところにぬっって、かゆみがおさまればやめて、またかゆくなったらぬるということをくり返しているのです。

しかしじつは、これこそがアトピー性皮膚炎の治療を長引かせ、時には悪化させてしまう原因なのです。

アトピー性皮膚炎の治療では、かゆみがおさまっても、しばらく治療を続けなければいけないのです。

引用元:『正しく知ろう 子どものアトピー性皮膚炎』p137
赤澤晃(著) 朝日出版社

ステロイド外用薬の塗り方と使うときのポイント

(中略)

8. 皮膚の炎症が治りきってないときに、ステロイドを塗ることをやめると、かならず状態が悪化します。

これは当たり前のことで、世に言われる「リバウンド」でも、ステロイドの「毒」がでているわけでもありません。

9. 医師の指示どおりに塗っていれば、ゆっくりですが、ステロイドの量は減り、ランクも弱いものに次第に変わっていきます。これが本当の意味の「脱ステ」で、「ゆっくり減らす」―漸減が、基本の「キホン」なのです。

引用元:『専門医に聞く「新しい治療とクスリ」2 アトピー性皮膚炎』p41
江藤隆史(著) 論創社

痒み・赤みが消えたら塗るのをやめて、また出てきたら塗り始めて、またやめて…

という使い方は多くの方がやりがちですが、アトピー治療を成功させるためにはNGな使い方ということです。

 

また、「皮膚の下に炎症が残っている」って本当?という疑問に関しては、↓の文章がご参考になると思います。

ステロイド外用薬をぬると、じきに湿疹はおさまりますが、じつはこのとき、皮膚の下にはまだ、炎症細胞(”炎症の根っこ”)がたくさん残っています

皮膚の上だけきれいにみえても、その下にはマスト細胞好酸球も、まるで炭が熱を出しているような状態で、たくさん残っているのです(顕微鏡でも確認されています)。

引用元:『正しく知ろう 子どものアトピー性皮膚炎』p138

アトピー性皮膚炎で湿疹や痒いが出るのは、皮膚にいる色々な免疫細胞(上の引用文のマスト細胞や好酸球もその1つです)のせいです。

アレルゲンが皮膚に現れるとこの免疫細胞たちが活発に働き、アレルゲンを除去しようとしますが、このときに痒みの原因となるヒスタミンが放出されたり、炎症を起こしたりするのです。

このような免疫細胞は、見た目では皮膚が綺麗になった段階でも、皮膚の下にしっかりと残っていますから、彼らに消えてもらわない限り皮膚炎が再び出てきてしまうわけです。

 

このように、皮膚から湿疹が消えてもしばらくはステロイドを塗り続けるというポイントは、アトピー性皮膚炎をきちんと治すためにとっても重要になります。

でも、

「しばらくは」ってどれくらいの期間なの?

という疑問が生じると思います。次に、この点についてお話します。

3-2. 皮膚を触って・摘んで、炎症があるか確かめる

ステロイド外用薬を塗るのを止めるタイミングを判断するのに一番確実な方法は、皮膚科医に皮膚の状態をチェックして貰うことです。

皮膚炎が比較的酷いときには、1週間とか2週間に1回くらいのペースで皮膚科に行って、皮膚の状態を診てもらうことが多いと思います。

その後、再診までの期間は長くなりますが、その間も指示通りにステロイド外用薬を塗り続けます。

きちんとステロイド外用薬を塗っていると、この時点でかなりの部分の湿疹は綺麗に治っているはずです。

このとき、綺麗になったからといってステロイドを塗るのをやめるのではなく、次の診察時までは塗り続けます。

再診時に綺麗になった皮膚の状態を見せて、「いつ頃綺麗になったか?」「綺麗になってからどれくらい塗り続けたか?」という点を医師に話すようにします。

皮膚科医は、この情報を参考にしながら、皮膚を見て・触って皮膚炎がしっかりと治っているかどうかを判断し、ステロイド外用薬を弱いものに変えたり、頻度を減らしたりします。

その後も、ステロイドを急にやめるのではなく、間欠塗布の塗り方でプロアクティブ療法を行いながら、皮膚炎の再発を抑える場合もあります。

このように、ステロイドを塗るのを止めるタイミングをご自分で判断するのではなく、アトピー治療に精通した皮膚科医に判断してもらうのが最も安全です。

 

とはいえ、明らかに皮膚炎がしっかり治っている、つまり皮膚の下の炎症細胞も消えている状態になっていると判断できるのであれば、その部位に関してはステロイド外用薬を塗る必要はありませんし、副作用のリスクを無用に高めないためにも塗りたくないはずです。

「皮膚の下の炎症まで消えているか?」は、皮膚炎があった場所を触ってみる・摘んでみると、ご自分でも分かる場合が多いです。

  • 皮膚を触ってみて、ザラザラしている
  • 皮膚を軽く摘んでみて、かたい部分が残っている

このような場合は、見た目には皮膚炎が綺麗になっていても、皮膚の下の炎症はまだ残っていますから、ステロイドを塗り続けるようにします。

皮膚科医の先生も、皮膚炎の患部を見るだけではなくて、触ることで皮膚炎の治り具合を判断しているそうです↓

症状が治ったかどうかを決めるときには、自分の手で触った感じを大切にしてください。

見た目で、湿疹がよくなっているところも、指で触れて必ずつまんでみること。

もしそれで、固いところがあるなら、治りきっていませんから、塗り続けて下さい。

引用元:『専門医に聞く「新しい治療とクスリ」2 アトピー性皮膚炎』p40
江藤隆史(著) 論創社

しかし、本当に「よくなった」皮膚とは、生まれたての赤ちゃんのように、見た目もつるつるスベスベの状態です。

見た目だけでなく、指でさわった感触でもわかります。

指は敏感ですから、ちょっとでもザラザラしていればすぐにわかります。それがなくなるぐらいの状態になるまでぬり続けるのがポイントです。

引用元:『正しく知ろう 子どものアトピー性皮膚炎』p145
赤澤晃(著) 朝日出版社

このように、触ってみてザラザラしないスベスベの状態、つまんでみても固い部分が無い状態、この段階まではステロイド外用薬を塗り続けることが、アトピーを慢性化させないために大切となります。

 

以上が、「ステロイド外用薬をいつまで塗ればいいのか?」についての考え方・目安です。

自分でもある程度は判断できますが、信頼できる皮膚科医に判断してもらうのがやはり安心です。

しかし、全ての皮膚科医が、ステロイドを「いつまでどのように」塗ればいいのか?をしっかりと指示してくれるわけではありません↓

「1回にこのぐらいの量をこの範囲に何日間ぬりなさい、よくなったら、今度はこうしなさい」と医師がきちんと指示をしなくてはなりません。

もしそれをきちんと指導しない医師であれば、「この先生はアトピー性皮膚炎の治療にくわしくないのかもしれない」と思ったほうがいいかもしれません。

引用元:同上 p139

アトピーの治療を安全・着実に進めるためには、アトピーに詳しい皮膚科医に診てもらうのが安心です。

アトピー治療の皮膚科医選びについては、↓の記事で詳しくお話していますので、是非ご参照下さい。

Related article

マウスを合わせて記事説明文が表示。記事は別タブで開きます。 タイトルをタップで記事説明文が表示。再度タップで別タブで開きます。


【Sponsored Link】




 

4. そもそも皮膚炎が出ないようにする対策を行おう

ここまでは、用法用量としての「ステロイドはいつまで塗るか?」というテーマについてのお話でした。

最後に、アトピー治療全体として「ステロイドはいつまで塗ればいいのか?」というテーマについてお話したいと思います。

つまり、「脱ステロイド」はどのように達成すればいいのか?というお話です。

 

軽症のアトピーでない限り、ステロイド外用薬を使って皮膚炎をきちんと治しても、しばらくするとまた皮膚炎が出てきてしまいます。

このとき、再びステロイド外用薬を塗って皮膚炎を鎮めるわけですが、ここで疑問・不安に感じるのが

いつまでステロイド外用薬を塗り続けるんだろう?

というコトです。

この疑問に対しては、2つの回答があります。それは、

  • ステロイドを使う頻度が低い・量が少ないのであれば、心配は要らない。
  • 結果的に継続的に塗っているのとあまり変わらないのであれば、対策が必要。

というものです。

 

まず、「再び皮膚炎が出てくる」といっても、「1,2ヶ月に1回程度だけ軽い皮膚炎が出てくる」というレベルであれば、その皮膚炎を抑えるためにステロイドを塗ったからといって、副作用などの問題が出てくる可能性は低いです。

塗ることになるステロイドの量が少なく、期間も短いからです。

このような場合には、対症療法だけで問題はないと考えられます。

ただ、定期的に皮膚科医に皮膚の状態を見せて、炎症の有無・程度やステロイド外用薬の副作用の兆候がないか?などをチェックしてもらうようにしましょう。

 

一方、皮膚炎が再発するタイミングが早くてステロイドを塗らない期間が短いケースでは、「結果的にステロイドを塗り続けるのとあまり変わりがない」という状態になってしまいがちです。

この場合、ステロイド外用薬の副作用のリスクが高まるうえ、常にある程度の皮膚炎が残った状態で生活することになるためストレスとなります。

「生活の質:QOLを高める」という観点からは、皮膚炎が出にくくしていく対策を打つ必要があります。

皮膚炎が出にくくしていく対策とは、アトピーを悪化させている原因を特定して除去する作業のことです。

例えば、

  • 食生活をアトピーが悪化しにくいモノに変えていく。
  • 早寝早起きの生活リズムに変えていく。
  • 常に爪を短く・丸くキープする。
  • 紫外線対策をバッチリ行う。

といった対策です。

このような「アトピー悪化原因の特定・除去」を少しずつでも行っていくと、だんだんと皮膚炎が出にくくなっていきます。

どれくらいの対策が必要か?は、アトピーの症状のレベルによって異なりますが、最終的にはステロイド外用薬を全く使わないでOKな状態になることを目標として、進めていきます。

つまり、脱ステロイドというGOALです。

ただ、完全にステロイド外用薬を使わないでも済む状態になれなくても、副作用の心配が要らないレベルまでステロイド外用薬の量・頻度が減ってくれれば、実際には満足すべきなのかもしれません。

脱ステロイドにこだわり過ぎるとストレスになりますし、もっと気楽にアトピー治療に取り組み、人生の他のコトに集中したり楽しんだりするほうが良いという考え方もあります。

 

アトピーを悪化させる原因を減らし、皮膚炎を出にくくする対策については、こちらのページで記事一覧を掲載していますので、是非ご参考にしてみてください。


【Sponsored Link】




 

5. まとめ

以上、「ステロイド外用薬をいつまで塗るか?」についての考え方・判断方法でした。

ステロイド外用薬の使い方に関しては、「塗り始めと止め方が肝心」とよく言われます。

これは、

  • 最初は十分に強いステロイド外用薬をたっぷりと塗る。
  • 炎症が治りきる前に塗るのをやめない。

という意味でして、なぜ大切か?はもうお分かりだと思います。

さて、こんなに偉そうに書いておきながらこんなことを言うのも何ですが、以前の私はこのような正しい使い方とは程遠い不適切な使い方をしていました。

皮膚炎が出てきたら(酷くなってきたら)ステロイドを塗り、痒みが取れたらやめる。しばらくするとまた痒くなるからまた塗る。またやめる。

といった使い方です。しかも、皮膚科に行かず、市販のステロイド外用薬(ストロングクラス)を使っていました。

その後、皮膚科に行ってステロイド外用薬を処方されましたが、強さはベリーストロング(Ⅱ群)で、塗るように指示された量も当時の私としては「こんなに塗るの?」という印象でしたし、1日2回塗るように指示されたことも意外でした。

つまり、それ以前の私のステロイド外用薬の使い方は、

強さも足りない・量も足りない・塗る期間も短い・塗る回数も少ない

という色んな意味で間違えまくっていた使い方だったのです。

その後、皮膚科医の言うとおりにステロイド外用薬を使ったところ、1,2週間で皮膚炎はすっかりと綺麗に治りました。

この時期から、ステロイド外用薬の強さ・量を徐々に減らしながら、自分の生活を見直して皮膚炎を出にくくしていく作業を行っていきました。

その結果、ステロイド外用薬を使わなくても、健康な皮膚でストレスなく生活を送ることが出来るようになりました。

 

私の場合、アトピーが治るきっかけとなったのは、ステロイド外用薬を正しく使うようになったことでした。

錠剤などの内服薬と違って、外用薬は患者自身がきちんと使わないと思うような効果が得られません。

アトピーが慢性化している・アトピーがなかなか治らない、そういった場合には、一度、ステロイド外用薬の使い方に不適切なところがないか?チェックしてみることをおすすめします。

アトピー治療に関する本の多くで、アトピー慢性化の大きな原因の1つとして「ステロイド外用薬の不適切な使用」が挙げられていますが、これは皮膚科医の臨床上の実感ですし、私の体験上もその通りでした。

ステロイド外用薬の正しい使い方については、こちらのページをご参照下さい。

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: ステロイド塗り薬の正しい使い方