【アトピー】痒みを我慢できず掻いてしまう時の対処法5選

 投稿日    最終更新日 2016/12/16

child10

アトピー性皮膚炎が辛く感じる理由の1つに、アトピー特有の強い痒みが挙げられます。

アトピーでない人からすれば、

なんで掻くの?掻かなければ皮膚炎なんて治るでしょ。

的なことを思われてしまいますし、そう言われてしまうこともあります。

そもそも我慢できれば我慢しているし、我慢出来ないレベルの痒みだから掻いてしまうのです。

こういうことを言われると、腹が立ちますよね。

 

でも、「掻かなければ皮膚炎は改善する」というのは、紛れも無い事実です。

ですから、アトピー改善のためには、

  • 痒いときに掻かないようにする工夫をする
  • 掻く癖を直していく

ことがとても有効です。

そこでこの記事では、

痒みが強くて我慢できずに掻いてしまうときの対処法

について、5つの方法(や考え方)をご紹介したいと思います。

この記事を読むと次のことが分かります
  • 痒いときに掻かなくて済むために有効な方法
  • どうしても掻いてしまうときの考え方
  • 掻いてしまったときでもアトピーを悪化させない方法

【Sponsored Link】




 

1. 痒いときに掻かないために有効な方法・工夫

アトピーの皮膚炎がある状態では、いつ痒みが起こっても仕方ありません。

むしろ、「いつもどこかしらが痒い」というのが実際だと思います。

このアトピー特有の痒みにどのように付き合うか?が、アトピー性皮膚炎を治していくために重要になります。

ここから、痒いときの対処法を5つご紹介していきます。

全て取り入れる必要はありませんが、ご参考にされて少しずつでも工夫していくことで、掻く回数は減っていくと思います。

1-1. 痒い部分を冷やすと痒みが落ち着く

まず、アトピーの痒みに限らず、皮膚が痒いときには患部を冷やすと、痒みが落ち着いていきます。

アトピーの場合も、痒い部分を冷やすという対処法はとても有効です。

具体的には、

  • 小さな保冷剤やアイスノンに薄いタオルを巻き、痒い部分に当てる
  • (夏場などは)冷たいシャワーを浴びる
  • 手や腕が痒いときは、蛇口からの水で冷やす

のような対策です。

個人的に一番おすすめなのは、保冷剤に薄いタオルやガーゼを巻き、それで患部を冷やす方法です。

保冷剤は、ケーキや生鮮食品を買った際に貰えるタイプのものでOKです。

それを冷凍庫で凍らせたものを、いくつか常にストックしておいて、痒みが強いときにはそれで冷やします。

また、顔全体が痒い、寝る時に顔や頭を掻きむしってしまうという場合には、アイスノンなどの大きめの保冷剤を使います↓

保冷剤と同様に薄めのタオルで巻いて、枕の上に置いて、顔や頭を冷やすのです。

若干寝にくいですが、痒みを落ち着けるためにはとても有効な方法です。

「痒くなったら、氷で冷やす」という対処法は、簡単に出来るのに効果の高い、おすすめの方法です。


【Sponsored Link】




 

1-2. 掻きたいときには替わりの行動をする

痒くて我慢出来ない時の次の対処法は、「替わりの行動をする」というものです。

これには、

  • 替わりの行動をして気をそらす
  • 痒みを取るための行動をする

という2つの意味があります。

お子さんがアトピーっ子の場合には分かるかもしれませんが、

テレビゲームや漫画に集中しているときには、全然痒がらないし掻かない

というケースが多いと思います。

これは、意識が痒みではなくて他のことに集中しているためです。

 

このように他の行動に意識を向けると同時に、その「他の行動」として痒みを取るためのコトをすれば、一石二鳥となります。

「痒みを取るための行動」とは具体的には、

  • 冷たくて柔らかいタオルなどで肌を拭いて、保湿剤を丁寧に塗る。
  • (顔が痒いときには)洗顔して保湿する。
  • 冷ためのシャワーを浴びて保湿する。

などです。

これらの行動を出来るだけ丁寧に、その行動自体に意識を集中して行うのがポイントです。

そうすることで、意識が痒みではなく、その時に行っているコトに向かうからです。

 

また、一石二鳥にはなりませんが、

  • ゲームや漫画など、自分が大好きなコトを始める
  • 人と話す(電話でもOK)
  • 掃除や整理整頓を始める

なども、替わりの行動としては有効です。

繰り返しますが、ポイントは意識を痒みではなく「今、行っているコト」に集中させることです。

このテクニックを少しずつでもマスターしていくと、掻く回数は減っていくはずです。

1-3. 痒みを紛らわす製品を使う

痒みを取る商品は、色々な種類のものが市販されています。

例えば、蚊に刺されたときには「ウナコーワクール」などの、スーッとする医薬品を使います。

アトピー肌でも、刺激を我慢できれば、このような商品は痒みを取るという意味では有効なことが多いです。

スーッとする清涼感があり、抗ヒスタミン成分・痒み緩和成分を含んでいるため、痒みが軽減される効果があるからです。

例えば、こんな商品です↓

ただし、このような医薬品の使用上の注意には、

創傷面(傷の部分)には使わないこと、湿潤やただれが酷い場合には医師と相談すること

というような注意書きがあります。

実際、皮膚炎がある部位に塗ると、一瞬ですがかなりの痛みを感じるほどに刺激が強いです。

ですから、医師に相談すれば基本的には「使わない方がよい」と言われるかもしれません。

 

皮膚炎が酷い部分には使わず、皮膚炎が軽い部分に必要に応じて使って痒みを抑える

という使い方であれば、問題はないかと思います。

1-4. 抗ヒスタミン薬を飲む

アトピーの痒みの原因の1つに、ヒスタミンという過剰分泌があります。

抗ヒスタミン薬(内服薬)を飲むと、これが原因の痒みが軽減することがあります。

皮膚科で「痒みが我慢できません」と医師に伝えれば、すんなりと処方してくれる、とても一般的なお薬です。

ただ、誰しもに効果があるわけでは無いというのが実際のところだと思います。

私の場合には、ほとんどその効果を実感できませんでした。

また、

アトピーが治るまで、抗ヒスタミン薬を毎日飲み続けるの?

という不安や疑問を感じてしまうのも事実です。

 

ですから、抗ヒスタミン薬については、かかりつけの皮膚科医によく相談した上で

試しに飲んでみて、痒みが明らかに軽減されるのであれば、継続して服用する

という使い方が良いと思います。


【Sponsored Link】




 

次のページでは、アトピーの痒みを取る・軽減するのに最も有効な対処法をご紹介しています。

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: アトピー悪化原因の特定・除去