【アトピー改善】リンパマッサージを自宅で毎日簡単に行う方法

 投稿日  

beauty08

リンパマッサージで全身のリンパ液の流れを良くすると、身体の免疫を整える効果が期待出来ると言われています。

アトピー性皮膚炎は、身体の免疫が言わば「異常な状態」になっている疾患ですから、

身体の免疫を整えることでアトピー改善に繋がる可能性があります。

「アトピー改善に繋がる可能性がある」などと、かなり控えめな表現なのは、

アトピーの原因は複雑で多数あるため、リンパマッサージだけでアトピーが治ることはまず無いからです。

でも、

毎日のお風呂や保湿剤を塗る際に簡単にリンパマッサージが出来て、しかも手間やお金がかからない

のであれば、アトピー改善のために取り入れた方が良いですよね。

手間暇やお金がかからず失うものは無く、「得」しかないのですから。

 

そこでこの記事では、

毎日簡単にリンパマッサージを自宅で行って、身体の免疫を整える方法

イラスト付きでご説明したいと思います。


【Sponsored Link】




 

1. 毎日簡単にリンパマッサージを行う方法

さっそく、リンパマッサージのやり方を具体的に見ていきましょう。

リンパマッサージを行うタイミング・リンパ液の流し方について、それぞれ順番にお話していきます。

1-1. リンパマッサージを行う2つのタイミング

アトピー治療に合わせてリンパマッサージを取り入れる場合、リンパマッサージを行うのは、

  • 入浴中に身体を洗うとき
  • 入浴直後に保湿剤を塗るとき

2つのタイミングがベストです。

一般的に、リンパマッサージの効果が最も得られるのは「入浴中」や「入浴後」と言われています。

身体が温まって、血行が良くなっているからです。

この意味でも、上の2つのタイミングはリンパマッサージに最適と言えます。

また、リンパマッサージの際には、クリームやジェルを使うことが普通ですが、これらは保湿クリームや石けんの泡で代用できます。

 

アトピー改善策として、

ということは必要不可欠ですが、その際に、

リンパの流れに沿って手のひらを動かすだけで、リンパマッサージになる

ということです。

とても簡単ですから、今日から実践できます(後述する注意点を守った上で)。

1-2. リンパマッサージの具体的なやり方

次は、実際のリンパマッサージの方法についてです。

血液と同様に、リンパ液もリンパ管を一定方向で流れています。

リンパマッサージでは、このリンパの流れに沿って手のひらで肌を軽くなぞってあげることで、リンパの流れをよりスムーズにし、滞り・詰まりを解消していきます。

入浴中の洗体時も、入浴直後の保湿の際も、↓のイラストの矢印方向に手のひらを動かしてあげればOKです。

入浴時のリンパマッサージのリンパの流し方

矢印の向きは、手のひらを動かす方向を示しています。

赤い○は、リンパ節が多く分布している部位を示しています。この部分に向けてリンパを流していくイメージを持つとよいです。

文章で表現すると、

  • 首の上の方から、頸動脈に沿うように鎖骨まで上から下に流す。
  • 鎖骨の上を内側から外側に向けて流す。
  • そこから脇の下に移動させる。
  • 腕は、手から腋の下に行くように「下から上に」なぞる。
  • 脚も、「下から上に」なぞって股関節にたどり着くように。
  • 腰回りは、股関節に辿り着くように手を動かす。

という感じです。

ポイントは、上図で赤い○で示した部分(脇の下・股関節など)に、リンパ液を集めるイメージで手を動かすことです。

力は入れずに、あくまでも手のひらで優しく皮膚を洗う「ついで」に、手を動かす向きだけを変えてあげるだけです。

最初は難しく感じるかもしれませんが、要領が掴めれば、意識しなくても自然とリンパマッサージが出来るようになります。


【Sponsored Link】




 

2. リンパマッサージを行う際の注意点

アトピー肌でリンパマッサージを行う場合には、いくつかの注意点を守る必要があります。

  • 皮膚炎がある程度綺麗になってから行う。
  • 力を入れ過ぎない。
  • 効果を過度に期待しない。

という3点です。

まず、皮膚炎が結構残っている状態でリンパマッサージを取り入れるのはオススメできません。

少なからず皮膚への刺激になるからです。

ステロイド外用薬を適切に使って、ある程度皮膚炎が綺麗に鎮まった段階から取り入れるようにしましょう。

 

また、リンパマッサージでは、肩こり解消などのマッサージと異なり、力を込める必要はありません。

皮膚を手のひらでなぞる」くらいの感覚でOKです。

力を込めすぎると、皮膚への刺激になってアトピーが却って悪化する危険性が出てきます。

あくまでも、

いつもの優しい身体の洗い方や保湿剤の塗り方は同じままで、「手を動かす方向」だけをリンパの流れに沿うように変える

ということです。

 

最後に、冒頭でもお話しましたが、リンパマッサージがアトピー性皮膚炎改善にどれだけ有効なのか?は未知数です。

理屈の上では、改善する可能性は十分にあると思われますが、過度にその効果を期待してはいけません。

リンパマッサージしているから、他の対策は省略しちゃおう。

的なアイディアはやめましょう。

あくまでも、「改善したら儲けもの」くらいのイメージで取り入れることをオススメします。

3. まとめ

「身体を手のひらで洗う際に、その手の動きの向きを変えるだけでリンパマッサージになる」という話は、私が定期的に通う整体マッサージの先生から教わったことです。

その先生の話では、この簡単リンパマッサージを実践したお客さんには、「風邪を引きにくくなった」というような効果を実感される方が多いそうです。

これは、リンパの流れがスムーズになることで身体の免疫力が高まったおかげなのかもしれません。

 

身体を洗うとき・保湿剤を塗るときに、手のひらを動かす方向に気を付ける

これだけで、少しでもアトピー性皮膚炎が改善に向かっていくのであれば、かなりお得な話だと思います。

この記事がご参考になれば幸いです。


【Sponsored Link】




 

こちらの記事も役に立つかもしれません

今回の記事に関連する記事ですので、合わせてお読みになるとさらに理解が深まると思います。

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: アトピー悪化原因の特定・除去, 入浴・洗顔方法