【アトピー対策】洗濯石けんを使う必要は無い3つの理由

 投稿日  

laundry01

アトピーの原因についてリサーチしていると、

洗濯で使う合成洗剤がアトピーを悪化させている!

とか

洗濯洗剤を洗濯石けんに変えると、アトピーは良くなる!

という情報が出てきます。

でも、アトピーを良くしていくためには、無理に洗濯石けんを使う必要はありません。

むしろ、洗濯石けんに変えることでアトピーが悪化する危険性もあります。

この記事では、

  • アトピーでも洗濯石けんに変える必要が無いのはなぜか?
  • アトピー肌のためには、洗濯用洗剤として何を使うのが一番良いか?

という点についてお話したいと思います。


【Sponsored Link】




 

1. 洗濯石けんがアトピー改善に繋がらない理由

「合成洗剤から洗濯用石けんに変えると、アトピーが良くなる」と言われる理由は、

合成洗剤の主成分である合成界面活性剤が、石けんに比べて皮膚への刺激が強いからです。

さらに、一部の合成界面活性剤は、人体への有害性も指摘されています。

こういうことを考えると、洗濯用石けんに変えた方がアトピー肌にとっても良さそうです。

 

でも、洗濯用石けんに変えることがアトピー治療にとってプラスになるか?と言えば、決してそんなことはありません。

私がこう考えるのには、大きく3つの理由があります。

1-1. 衣類に残った石けんカスが皮膚炎の原因となる

確かに、衣類に残った合成界面活性剤と石けんカスの皮膚への刺激を比べれば、石けんの方が刺激が弱いかもしれません。

でも、

そもそも衣類に合成界面活性剤や石けんカスが残っているコト自体が大問題

なのです。

そして、一般的な合成洗剤と洗濯用石けんでは、洗濯用石けんの方が石けんカスが残りやすくなってしまいます。

なぜなら、洗濯用石けんできちんと洗濯するためには、

  • 使う水の温度に気を付ける
  • 水道水の硬度に気を付ける
  • 事前に泡立てておく

というようないくつかの注意点を守る必要があって、これを守らないと、どうしても石けんカスが多く出てしまうからです。

結果、余計な石けんカスは衣類に残ってしまうことになります。

この点、合成洗剤の主成分である合成界面活性剤は、洗濯用石けんに比べて衣類に残りにくい特徴があります。

衣類への残りやすさという点では、合成界面活性剤の方が優れているということです。

1-2. 洗濯石けんを使うと洗濯槽に黒カビが発生しやすくなる

洗濯用石けんを使う場合には避けられない石けんカスは、衣類に残ってしまうこと以外に、もう1つ大きな問題点があります。

それは、洗濯機の洗濯槽にも石けんカスが残り、それを栄養にして黒カビが繁殖してしまうことです。

洗濯槽の裏側に黒カビが繁殖していれば、当然、洗濯機で洗った衣服にも少なからず黒カビが付着してしまいます。

既にカビアレルギーになっている場合には、カビが付着した衣服を着るだけで痒みや皮膚炎が悪化してしまいます。

まだカビアレルギーを発症していない場合であっても安心は出来ません。

カビが付着した衣類を頻繁に着ることで黒カビとの接触回数が増え、新たにカビアレルギーを発症してしまう危険性があるからです。

 

もちろん、洗濯石けんのノウハウをマスターして、石けんカスを残さないような洗濯がきちんと出来れば、この問題は小さくなるとは思います。

でも、洗濯石けんできちんとした洗濯が出来るようになるのは、かなり大変なのが実際のところです。

合成洗剤を使った場合でも黒カビは少なからず発生してしまいますが、洗濯石けんの方が黒カビの発生しやすいということが言えます。

1-3. 洗濯石けんできちんと洗濯するのはかなり難しい

ここまでも何回かお話してきましたが、

洗濯石けんをつかってきちんと洗濯するのは、かなり難しい

です。

使う水の温度、水の硬度(含まれるミネラル分の多さ)、事前に溶かして泡立てることが必要、洗濯中の水のpH、などなど、色々な注意点があるからです。

洗濯石けんを使ったお洗濯が難しいことは、洗濯石けんに関するYahoo!知恵袋を見てみるとよく分かります。

また、その難しさは、「ほとんどの人が合成洗剤を使っている」という現状から見ても明らかです。

合成洗剤が普及する前は洗濯石けんを使った洗濯が普通でしたが、合成洗剤が登場してからは、洗濯石けんを使う人はほとんどいなくなりました。

このように合成洗剤が爆発的に普及したのは、洗濯石けんを使っていた人にとって合成洗剤の便利さが圧倒的に魅力的だったからです。

逆に言えば、洗濯石けんの洗濯は「難しい」ということです。

 

若干しつこかったですが、洗濯石けんでは、その使い方をマスターして満足の行く洗濯が出来るようになるまでには、かなりの苦労が必要となります。

そして、マスターするまでは、上手く汚れが落ちない・石けんカスが大量に出てしまう、などの問題点が起こってしまいます。

さらに、洗濯石けんでの洗濯が難しいコトは、石けんカス以外にも、もう1つ大きな問題があります。

それは、洗濯に余計なエネルギー(時間・手間暇・ストレス)を費やしてしまうということです。

 

アトピー性皮膚炎を根本的に治していくためには、ご自分のアトピー悪化原因を1つ1つ取り除いていくことが必要です。

アトピー悪化原因には色々とあって、1つの悪化原因を完璧に取り除いてもあまり意味はありません。

まんべんなく、出来る範囲で」取り除いていくのがポイントです。

こういう意味で、1つのポイントにエネルギーを費やしてしまうのは、アトピー治療にとってよくありません。

というか、すべきではありません。

 

洗濯は基本的に毎日行うものですから、そこにストレスを感じたり負担となってしまったりすると、他の生活改善(アトピー悪化原因の除去)をするための余力が無くなってしまいます。

しかも、洗濯石けんを使うことはアトピー対策として不必要で、むしろ悪影響になっている可能性が高いのは、ここまでお話したとおりです。

 

このように考えると、

アトピー肌にも使える合成洗剤があれば、それを使った方が圧倒的に良い

という結論にたどり着くはずです。


【Sponsored Link】




 

2. アトピー肌のためにベストな洗濯用洗剤は?

以上のように、アトピー対策としては洗濯石けんはおすすめ出来ません。

となると、合成洗剤を使うことになるのですが、そこで重要になるのがどんな合成洗剤を使うか?です。

合成洗剤選びでは、主に

  • 出来るだけ安全性の高い合成界面活性剤が主成分であること
  • 蛍光増白剤・漂白剤・香料が含まれていないこと
  • 成分が衣類に残りにくいこと

というポイントが条件になります(詳しくは別の記事でお話します)。

これを満たす合成洗剤はかなり少なく、私がリサーチした限りでは数点しかありません。

 

その中で一番のおすすめは、

『All things in Nature』

という洗剤です↓



この洗濯洗剤は、アトピー肌・敏感肌でも安心して使える合成洗剤です。

その理由は以下のとおりです。

  • 全成分は「合成界面活性剤2種・天然精油(香り成分)・水」だけで、余計な成分が含まれていない。
  • 蛍光増白剤・漂白剤・人工香料を一切不使用。
  • 含まれている合成界面活性剤も最も刺激の弱い部類のもの。
  • 含まれている合成界面活性剤の量が、一般的な合成洗剤の1/9(約11%)と少ない。
  • 衣類への洗剤の残留も一般的な洗剤の1/6(約17%)と少ない。

しかも、一回の洗濯で使うのはティースプーン1杯の量の洗剤で済みます。

『All things in Nature』を使えば、一般的な合成洗剤と同様に毎日のお洗濯を簡単にストレス無く行えて、しかもアトピーを悪化させないということです。

3. まとめ

「アトピー対策には洗濯石けんでお洗濯しましょう」というのは、ある意味「定説」のようになっています。

でも、洗濯石けんをきちんと行うのはとても難しく、不要なストレスになってしまいますし、失敗した場合の石けんカスのアトピー肌への悪影響は上でお話した通りです。

ですから、アトピー対策としては、お洗濯には出来る限り肌に優しい合成洗剤を使うのがベストだと私は考えます。

ここでお話した内容にご納得した場合には、洗濯洗剤選びに時間をかけるのはもう終わりにして、

他のアトピー悪化原因探しと取り除き作業に力を注ぐようにしてください。

そうした方が、アトピー改善に確実に近づいていくからです。

この記事がご参考になれば幸いです。


【Sponsored Link】




 

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: アトピー悪化原因の特定・除去