食物アレルギーだけがアトピーの原因ではない!意外な関係性とは

 投稿日  

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係性

アトピー性皮膚炎は食物アレルギーのせい」という考え方があります。

これは、ある意味正しく、ある意味間違っています。

確かに食物アレルギーはアトピー性皮膚炎の原因の1つですが、食物アレルギーだけがアトピー性皮膚炎の原因ではありません。

むしろ、乳幼児期のアトピー性皮膚炎が食物アレルギー発症の原因となっているという事実が、最近ではわかってきています。

この記事では、

  • 食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係性
  • アトピー治療で、食物アレルギーにどう対処すればよいのか?
  • アトピー性皮膚炎が食物アレルギーを引き起こす理由とは?

という点についてお話したいと思います。


【Sponsored Link】




 

1. 食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係を分かりやすく

ここで、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係性を簡潔にまとめてみたいと思います。

1-1. 食物アレルギーはアトピーを悪化させる原因の1つ

アトピー性皮膚炎の原因は1つではなく、複数(多く)の原因があることがほとんどです。

例えば、アトピー性皮膚炎の悪化原因にはアレルギーがありますが、アレルギーにも

  • 食物アレルギー
  • ダニアレルギー
  • ホコリアレルギー
  • ペットアレルギー

などの種類があります。

アレルギー以外にも、睡眠不足やストレス、腸内環境の悪化、紫外線や食品添加物などもアトピー性皮膚炎を悪化させる原因でして、様々な原因が組み合わさって、アトピー性皮膚炎の症状が出てきているのです。

つまり、

食物アレルギーだけがアトピー性皮膚炎の原因ではない。

ということです。

このポイントは結構重要でして、これを理解していないと、

アレルギーの食品を避けさえすれば、アトピーは良くなるはず…。

と考えて、必要以上にアレルギー血液検査を繰り返したり、除去食作りに頑張り過ぎたりしてしまいます。

アトピー性皮膚炎の原因は食物アレルギーだけではありませんから、食物アレルギー対策に全精力を傾けてしまうと、他の原因への対処が出来なくなってしまいます。

その結果、アトピー性皮膚炎が治りにくくなってしまうことに繋がってしまいます。

1-2. 食物アレルギーとアトピーの関係とは

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は別の病気・疾患です。

例えば、食物アレルギーの症状としては、皮膚に現れる湿疹や痒みのにも

  • せき・呼吸困難
    → 喘息
  • くしゃみ・鼻水・鼻詰まり
  • 腹痛・下痢・嘔吐
  • 目の痒み・結膜炎

などの症状があります。

つまり、食物アレルギーの1つの症状として現れた湿疹・じん麻疹・痒みが、アトピー性皮膚炎を悪化させる1つの原因となっているということです。

このように、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は別の病気ですから、食物アレルギーを発症していないアトピー患者の方も当然おられます。

この食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係性を図にすると、↓のようになります。

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係性

2. アトピー治療で食物アレルギーにどう対処すればいいのか

アトピー性皮膚炎の原因は食物アレルギーだけではないとはいえ、食物アレルギーがアトピーの悪化原因となっている場合には、きちんと対処する必要があります。

特に乳幼児期のアトピー性皮膚炎では、食物アレルギーがアトピーの大きな原因になっているケースが多く、特に気をつけないといけません。

では、「アトピーを悪化させない」という観点からは、食物アレルギーについてはどのような対処法を取ればよいのでしょうか。

2-1. 痒み・湿疹が出る食べ物(品目)のみ避ける

例えば、牛乳を飲んだり乳製品を食べたりすると湿疹・痒みが出る場合、牛乳・乳製品は当分の間避けるようにします。

このように、「実際に食べてみてアレルギー症状が起こって湿疹が出る」という場合に限り、その品目を除去していくのが大原則となります。

「アレルギーになりやすい品目は食べさせないようにする」といった考え方で、次々に食べられない品目を作っていっては、お子さんの身体の健全な成長のためによくありません。

 

ある食べ物(品目)に対してアレルギー反応が起こるかどうかを判断するためには、湿疹や痒みといった症状が現れるかどうかを注意深く観察するようにします。

食物アレルギーには、アレルギー食品を食べてすぐに症状が現れる即時型のものと、食べてから1,2日後に症状が現れる非・即時型のものがあります。

即時型のアレルギーであればすぐに分かりますが、非・即時型のアレルギーは気をつけないと分かりません。

直近で心当たりが無いのに、謎の湿疹や痒みが出てきた…

という場合には、1日前・2日前に食べた食品のなかにアレルギー品目がある可能性があります。

初めて食べる食品は、食べた直後や当日だけでなく、1日~2日の間は注意して見てあげることが大切となります。

2-2. 血液検査で陽性でも症状が出なければ食べられる

また、アレルギーの血液検査を行うと、色々な食品について高い数値が出て「陽性」となるケースがあります。

でも、血液検査で陽性だからといって、実際にアレルギーの症状が出るとは限りません。

実際に食べてみて、湿疹・痒みなどのアレルギー反応が出ないのであれば、その食べ物については食べることが出来ます。

「血液検査の結果をもとに、数値が高い品目を全て除去する」というのは、アトピー治療に有効でないうえに、お子さんの栄養の偏りや不足に繋がってしまいます。

このような考え方を基本として、皮膚科医に指導を受けながら食物アレルギーにきちんと対処することが大切となります。

2-3. 食物アレルギー以外のアトピー悪化原因の悪影響の方が大きい

特に大人のアトピー性皮膚炎の場合、食物アレルギーの悪影響よりも他の原因の悪影響の方が大きくなります。

食物アレルギーは気をつければ避けられますが、他の原因は軽減することが難しいことが多いからです。

子どもの場合も、小学生以上の年齢であれば、食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の主原因であるケースは少ないと考えられます。

というのも、食物アレルギーの発症割合は、乳幼児ではおよそ10人に1人と高いですが、小学生以降では100人に1.3~2.6人に減るからです。

成長とともに胃腸が発達して消化能力が向上したり、免疫力が整ったりすることで、食物アレルギーの症状が出なくなってくるのです。

また、小学生くらいになれば、何を食べれば湿疹が出るのか?というポイントがほぼほぼわかってきますから、食物アレルギーが原因でアトピー性皮膚炎が悪化することは少なくなってきます。

食物アレルギーへの対策に偏りすぎて、他のアトピー悪化原因への対策が不十分になったり、

「食物アレルギーだけ気をつければアトピーは治る」と考えてステロイド外用薬の使用を避けたり、スキンケアをしなかったりすると、アトピーはなかなか良くなりません。

ある程度身体が出来てきてからのアトピー性皮膚炎は、食物アレルギーの影響は小さく、他の悪化原因にきちんと対処することが大切となります。

3. アトピー性皮膚炎が食物アレルギーを発症させる仕組み

通常の感覚では、

食物アレルギーの発症 → アトピー性皮膚炎の発症・悪化

という流れですが、最近、これがであるケースが多いことがわかってきました。

つまり、

アトピー性皮膚炎の発症 → 食物アレルギーの発症

ということです。

食品を食べなくても、食物アレルギーを発症してしまうのです。

なぜアトピー性皮膚炎が食物アレルギーの発症に繋がるのか?は、次のように説明されています。

  • アトピー性皮膚炎の症状によって、皮膚のバリア機能が低下する。
  • 皮膚から小さな食べかすが侵入する
  • 皮膚の免疫がアレルゲンと認識して抗体を作る
    ↓(経皮アレルゲン感作
  • 食物アレルギーが発症する

乳幼児は、皮膚が未発達でドライスキンになりやすいため、アトピー性皮膚炎を発症しやすい時期といわれています。

アトピー性皮膚炎の皮膚は、乾燥している上に、湿疹や掻き壊し・びらん面があるため、皮膚バリア機能が著しく低下しています。

バリア機能が低下した皮膚からは、食べかすなどの異物が簡単に侵入してしまい、皮膚の免疫はこれらを排除するために抗体を作ります。

結果、その食べ物を食べた時に抗体抗原反応が起こり、アレルギーの症状が出てしまうのです。

 

このような仕組みで、アトピー性皮膚炎が食物アレルギーを引き起こし、その食物アレルギーが原因でアトピーが更に悪化したり、喘息などの他のアレルギー疾患に繋がるリスクが指摘されています。

そのため、アレルギーを防止する観点からは、乳幼児期のアトピー性皮膚炎に対しては、ステロイド外用薬や保湿剤を適切に使って、皮膚のバリア機能を良好に保つことが重要と言われています。


【Sponsored Link】




 

4. まとめ

このように、食物アレルギーはアトピー性皮膚炎の悪化原因の1つに過ぎませんから、食物アレルギーだけに注目して対策を打っても、アトピーは良くならないことが多いです。

また、子どもの成長のためには、多くの品目をバランス良く食べることが大切と言われていますから、「アレルギーかも知れない…」のように怖がって食べさせないことはNGです。

ただ、赤ちゃんのアトピーでは、食物アレルギーが大きな原因となっていることが多く、

アレルギー食品に気をつけて、ステロイド外用薬を使ってスキンケア(保湿)を徹底すれば、アトピーが良くなることが多いとされています。

 

いずれにせよ、「食物アレルギーはアトピーの原因の1つにすぎない」という事実は、アトピー治療を間違った方向に進ませないためには、必ず抑えておきたいポイントです。


【Sponsored Link】




 

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: アトピー性皮膚炎に関する知識