適度な運動でアトピー改善!運動がアトピーに効くこれだけの理由

 投稿日    最終更新日 2017/05/10

ジョギングする男性

アトピー完治をめざすためには、ステロイド外用薬による対症療法だけではダメで、ご自分のアトピー悪化原因をコツコツ取り除いていくことが必要です。

アトピーを悪化させている原因には色々とありますし、しかも個人個人で違いますが、多くの人に共通の悪化原因というものもあります。

その1つが「運動不足(体力不足・筋力不足)」です。

運動不足がアトピー悪化の原因になっている場合、適度な運動を習慣化するとアトピー改善に向かっていきます。

実際、毎日の運動を継続することで「アトピーが治った!」「アトピーが完治した!」という経験をされる方も多いようです。

とはいえ、

no name
アトピーを治したいなら、毎日運動してください!

などと言われても、

「あ、確かにそうだな。」と思い直して、毎日運動するようになるってことは少ないはず。

少なくとも、運動がアトピー改善に効果的である理由を知って納得しないと、やる気にはなれないと思います。

そこでこの記事では、適度な運動がアトピー改善に効果的な理由をまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

運動でアトピーが改善する理由まとめ

適度な運動がアトピーに良い理由には色々なものがありますが、以下の7つのポイントが大きいと思います。

それは、

  1. きちんと汗をかけるようになること
  2. 消費カロリー・基礎代謝の向上
  3. 睡眠の質の改善
  4. デトックス効果
  5. リンパ液の循環の改善
  6. ストレス解消効果
  7. 便通・腸内環境の改善

の7つです。順番にご説明していきます。

正常に汗をかけるようになるから

汗をかいた肌

汗は色々な役割を負っていますが、アトピーに関して重要となるのは、

  • 皮膚の細菌の殺菌・調整
  • 皮脂膜を作り出す
  • 体温調節

の3つです。

アトピーではなくて運動が習慣化している人の汗(正常な汗)は、これらの役割をきちんとこなしてくれています。

正常な汗は

  • 殺菌成分がしっかりと含まれている
    汗に含まれる抗菌ペプチド・免疫グロブリンが、炎症を起こす黄色ブドウ球菌が皮膚上で増殖するのを防ぎます。
  • 弱酸性である
    黄色ブドウ球菌は弱酸性の環境を嫌うため、繁殖しづらくなります。
  • 十分な量が出る
    たっぷりと汗が出ると皮脂膜がきちんと出来上がり、皮膚が乾燥しづらくなります。

というようなメリットを皮膚にもたらしてくれるのです。

特に、「皮膚で黄色ブドウ球菌を増やさない」というのは、アトピー改善のための重要なポイントになります。

黄色ブドウ球菌の出す毒素「スーパー抗原」が、アトピーの皮膚炎を悪化させて治りにくくしてしまうからです。

さて、一方のアトピーの人の汗には、

  • 殺菌成分が少ない
  • アルカリ性に傾きがち
  • 量が少ない

という特徴(欠点)があります。

抗菌成分が少ないアルカリ性の汗は、黄色ブドウ球菌の繁殖に繋がって皮膚の炎症・痒みを引き起こします。

また、十分な量の汗が出ないために皮脂膜がきちんと作られず、皮膚の保湿機能が弱まってしまいます。

さらに、汗には皮膚を冷却する作用がありますが、汗の量が少ないとコレがうまく機能しません。

すると皮膚の温度が高まり、炎症のさらなる悪化につながってしまいます(お風呂上がりに痒くなるのと同様のイメージ)。(1)

このような仕組みで、きちんと汗をかけないと、アトピーが悪化したり治りづらくなったりしてしまうわけです。

以上をまとめますと、正常な汗をかければアトピー改善・予防につながり、そうでなければアトピー悪化・慢性化の原因となるとなります。

ただ、運動を習慣化してしばらくすれば、アトピーの場合でも正常な汗をきちんとかくことが出来るようになります。

正常な汗が出るようになるためには、「汗をかく運動」を定期的に行なえばOKです。

例えば、30分程度のウォーキングであっても、ウォーキングの後半では汗が自然と出てきます。

なので私の場合、「短時間歩くだけでもOK」と考えて、気合を入れずに散歩気分でウォーキングしています。

汗とアトピーの関係性のさらに詳しいお話や、ストレスの無いウォーキングのやり方については、↓の記事でご紹介しています。

消費カロリー・基礎代謝が上がるから

ランニングする男性

アトピーの原因の1つに、消費カロリー・基礎代謝不足があります。

1日に消費するカロリーや基礎代謝が少ないということは、「身体が必要とする栄養素も少ない」ということ。

この状態で必要な量を上回る食べ物(タンパク質・油・カロリー)を摂ると、余剰な部分はきちんと消化・吸収・排泄されません。

アトピーの原因については色々な説がありますが、

no name
体にとって余分な栄養素は毎回のお通じで排出されるほか、皮膚からも体外に排出されます。これが皮膚炎を起こすのです。

のように指摘するお医者さんがいて、私は「おそらく正しい」と感じています。(2)

アトピーの場合、便秘がちだったり腸内環境が悪かったりしますから、お通じで排出されにくいことが多いです。

ウンチでゴミを体外に出せないのであれば、皮膚から出すしかなくなり、皮膚炎に繋がってしまいます。

このアトピー悪化のメカニズムを防ぐためには、

  • 食事の内容・量を変える
  • 基礎代謝を上げる

という2つの対策が必要ですが、このうち、適度な運動は「消費カロリーや基礎代謝を上げる」効果があります。

運動でエネルギーを消費し、筋力がついて基礎代謝が上がれば、同じ食事の量・内容であっても不必要な栄養素が減って、排出すべき「ゴミ」の量も減ることになります。

その結果として、アトピーの皮膚炎が起こりにくくなる効果が期待できます。

もちろん、運動だけでなく、「食生活を変える」・「腸内環境の改善」という対策も合わせて実践すれば、さらにアトピー改善につながるはずです。

Sponsored Link

上質な睡眠につながるから

ぐっすり眠る小さな子ども

運動をすると身体がいい具合に疲れますから、ぐっすりと眠ることができるようになってきます。

見落としがちなポイントですが、きちんとした睡眠はアトピー改善のために欠かせません。皮膚細胞の生まれ変わり、免疫機能の調整のためには良く眠ることが必要だからです。

ただ、アトピーの場合、強い痒みのせいで夜きちんと眠れないこともありますよね。

その場合、適度に身体を疲れさせて眠気を強くすることがかなり有効です。

運動で良い感じに疲れると、布団に入ったときの眠気が強くなって、痒みは同程度でも眠れることが多いはずです。

夜の痒み対策・寝ている間の掻きむしり対策には運動以外にもいくつかありますが、運動にはこのポイントの他にもメリットが多いですから、まずは取り入れたい対策と言えます。

デトックス効果があるから

デトックスした女性のイメージ

よく知られているように、身体の中に溜まった老廃物は、汗をかくことで体外に排出されます。

かいた汗をそのままにしておくと、皮膚炎の悪化につながりますが、汗をかいて老廃物を出すこと自体はアトピー改善にかなり有効です。

というのも、体内の老廃物(ゴミ)が皮膚に排出されることが、アトピーの皮膚炎が起こる1つの原因になっていますが、皮膚炎が起こるまえに汗として老廃物を排出できれば、皮膚炎を防ぐことができるからです。

美容法として女性に人気のデトックスですが、アトピー改善のためにもかなり有効となります。

デトックスするためには、軽い有酸素運動を定期的に数十分程度行えばOKです。

リンパ液の流れがスムーズになるから

人体を流れるリンパ液

体に流れるリンパ液のイメージ図

リンパ液は人体をくまなく流れていて、身体の中の老廃物を集めて処理する役割を負っています。

血液の場合、心臓というポンプの力で勢い良く流れていますが、リンパ液は筋肉の収縮・弛緩や運動によってゆっくりと流れています。

ですから、運動をほとんどせずに筋肉も弱っている状態ですと、リンパ液の流れが滞ってしまうのです。

リンパの流れが滞ると、身体の老廃物をうまく処理・排泄できなくなって、皮膚炎の発症に繋がります。

適度な運動を続けると、運動することそれ自体によってリンパが流れますし、筋肉が増強されることでリンパの流れが強くなります。

その結果、アトピーの皮膚炎が出にくくなるというわけです。

ストレスが解消されるから

ストレス解消する少年

特に大人のアトピーの場合、精神的なストレスが大きな悪化原因となることが多いです。

ストレスを解消する方法には色々とありますが、もっとも手っ取り早いのが、よく眠ることと運動することですよね。

運動すると、それ自体がストレス解消になりますし、運動による疲れで睡眠の質が上がることによってもストレスは軽減されます。

このように、心地よい疲れを感じる程度の運動は、ほぼ確実にストレスを解消しますから、アトピー改善にも繋がることが多いと考えられます。

便通が良くなり腸内環境が改善されるから

便秘に悩む女性

上でも少し取り上げましたが、便秘と劣悪な腸内環境は、最も悪影響の強いアトピーの悪化原因です。

ボスキャラといってもいいかもしれません。

大腸で増えすぎた悪玉菌の出す毒素が皮膚に排出されて、それが皮膚炎に繋がるからです。

便秘を解消すると、大腸の最後の方の悪玉菌が出て行ってくれますから、少しずつ腸内環境が改善されていきます。

というか、サプリメントなどの腸内環境改善のための対策の効果をきちんと得るためには、まずは便秘を解消しないといけません。

便秘を解消するためには色んな方法がありますが、ウォーキングなどの運動は効果的な便秘解消法として有名です。

ウォーキングは、サプリメントや通院治療と違ってお金がかかりませんし、他の効果効能もありますから、便秘解消のためには最優先で実践したい対策と言えます。

便秘を解消する目的に限れば、10分間のウォーキングだけでも効果的だと思います。

Sponsored Link

まとめ

以上のように、運動がアトピー改善に繋がるのにはかなりの根拠がありますから、アトピー改善のためには是非とも取り入れたい対策の1つです。

でも、アトピーが酷い状態が続いている場合、

no name
外に出るのも嫌なのに、運動は厳しいかな・・・

ということも多いと思います。

そういうときには、「夜、近くのコンビニまで早歩きで行って帰ってくる」のように、本当に負担にならない程度の運動からスタートしていくと良いと思います。

私の場合、アトピー改善・予防のための運動としては

  • ウォーキング
  • スクワット

の2つを地味に続けています。

他の運動や趣味のスポーツは気が向いたらやる程度ですが、これでもアトピー改善には効果的だと感じています。

また、アトピー改善のために運動を始める!という場合には、いくつかの注意点を守る必要があります。

これらのの注意点を守らないと、運動することで逆にアトピーが悪化してしまうからです。

アトピー改善のためのおすすめの運動メニューや、運動でアトピーを逆に悪化させないための注意点について、以下の記事でまとめています。

よろしければご覧ください。

Sponsored Link

この記事の参考文献・サイト

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: アトピー悪化原因の特定・除去