アトピー脱ステ代替療法の口コミを信じない方が良い3つの理由

 投稿日  

脱ステ代替療法の口コミ

アトピー性皮膚炎の治療法についてインターネットでリサーチしていると、

脱ステロイドにチャレンジして、アトピーが完治しました!

このサプリメントを飲んだら、アトピー体質が治りました!

というような体験談・口コミを良く目にしますよね。

そして、その体験談や口コミを読んでみると、真実味を感じますし魅力的な治療法に映るはずです。

 

でも、このような代替療法の口コミは基本的に信じない方が良いです。

 

この記事では、

脱ステロイドの実践を勧める代替療法の口コミは信じてはいけない理由

について、何点かピックアップしてお話してみます。

この記事を読むと次のことが分かります
  • 代替療法の脱ステロイドに理論的根拠があるのかどうか
  • 代替療法の口コミの統計的な意味
  • 代替療法でアトピーが治る理由
  • 代替療法の安全な取り入れ方

【Sponsored Link】




 

1. その代替療法には理論的根拠がありますか?

アトピー治療に関する代替療法の口コミを信じない方がよい、1つ目の理由

理論的に間違っていることが多いから

です。

いくら口コミ・体験談の数が多くても、その治療法の理屈が明らかに間違っている場合には、その口コミの信ぴょう性はかなり低くなります。

仮に体験談の内容が真実でも、ほかの人がその通りの体験を得られる可能性は低いです。

理論的根拠が無い以上、その人が治ったのは「たまたま」と考えるのが合理的だからです。

 

さて、一口に「代替療法」「民間療法」と言っても、

理屈の通った「まとも」なものから、理論的に根拠が無い(乏しい)危険なものまで、

様々な種類のものがあります。

また、アトピー治療に関連する全ての代替療法が、脱ステロイドを勧めているわけでもありません。

個別に代替療法の詳細を調べて、理屈が通っているか?理論的根拠があるか?を検討することはできませんが、

「この特徴がある場合、少なくともその代替療法には理論的根拠が無い」

というような判断基準があります。

1-1. 脱ステロイドを勧める代替療法には理論的根拠が無い?

代替療法の多くは、その治療法を実践するにあたって脱ステロイドを勧めます。

つまり、ステロイド外用薬の使用をストップすることを推奨するのです。

しかし、このような脱ステロイドを勧める代替療法には、理論的根拠が無いことが多いです。

それは、脱ステロイド自体に理論的根拠が無いからです。

脱ステロイドをしてもアトピー性皮膚炎が治ることはない

ということです。

 

ある代替療法のセンセイが脱ステロイドを勧める場合、その代替療法自体にも理論的根拠が無いと考えた方が安全です。

ある治療法を提唱する人が、「脱ステロイド自体はアトピー治療に役立たない」という簡単な理屈を理解していないのであれば、その治療法にも理屈が無いのでは?という疑いが強くなるからです。

 

ですから、魅力的で真実味のある体験談・口コミがいくら多くても、それを信じてしまうのはかなり危険であると言えます。

更に言えば、その代替療法を実践する場合には脱ステロイドに取り組むことになりますから、その先には「アトピーの重症化」という悲惨な事態が待ち構えています。

脱ステロイドを謳うような代替療法は、そもそも、アトピー治療の選択肢としては真っ先に「切る」べきものなのです。

脱ステロイドを勧める代替療法でも、アトピー治療に有効な場合もあり得ます。
「有効かもしれない」と感じる場合には、脱ステロイドを行わず、部分的にその代替療法を取り入れることをおすすめします(詳しくは後述)。

「脱ステロイドに取り組んでもアトピーは治ることはない」という根拠は、↓の記事で詳しくお話しています。

上の文章に違和感を感じる場合には、是非ご参照下さい。

Related article

マウスを合わせると記事の説明が表示されます。リンク先の記事は別タブで表示されますので、後で読むことが出来ます。 タイトルをタップすると記事の説明が表示され、もう一度タップするとリンクが開きます。別タブで表示されますので、後で読むことが出来ます。


【Sponsored Link】




 

2. 口コミの数が多ければ、その治療法の効果は高い?

私たちは、「多くの人が賛同することは、正しい」という風な判断をしがちです。

これはおそらく本能的なものですが、この判断が誤りであるケースはかなり多い、ということは体験的に理解できるはずです。

アトピーの代替療法・民間療法の口コミに関しても、同様のことが言えます。

 

つまり、

口コミ・体験談がいくら多くても、その治療法が正しくて効果があるとは限らない

ということです。

このことは直感的にも理解できますが、ここではもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

「口コミ・体験談の多さは、その治療法の効果とは関係がない」と言える理由には、主に2つのものがあります。

  • 口コミ・成功体験談の多さは、統計的に無意味だから。
  • 口コミ・成功体験談の裏には、失敗した人達がいるはずだから。

という2つです。

2-1. 成功体験談が多いからといって、あなたに有効だとは限らない

治療法やお薬の有効性を確認する場合、統計的なデータを収集しなければなりません。

統計的に、患者の80%に効果が認められた。だからこの薬は治療に有効である。

というように、お薬の有効性を確認するわけです。

病院で貰うお薬を飲むとき、

この薬って本当に効くの?本当に?信じていいの?

というような不安や疑問は、普通は抱きませんよね。

これは、その薬に統計的な裏付けがあることを私たちが知っているからです。

効かない可能性も僅かにはあるけど、統計的に大半の場合は効くらしい。だから私にも効くはず。

というように、その薬の効果を想定できるからです。

 

逆に、

この薬は、10%の患者に効果があります。

とか

この薬が有効であるかどうかは、統計的に全く分かっていません。

というようなことを言われたら、その薬を飲みたいとは思わないはずです。

 

さて、アトピーの代替療法・民間療法には、このような統計的な裏付けがあるのでしょうか。

 

結論から言えば、アトピーの代替療法で統計的な裏付けがあるものは、ほぼ皆無です。

意味のある統計的なデータを取るためには、少なくとも、その治療法を行った母集団と行わなかった母集団を、他の条件を同一にして比較しなければなりません。

しかし、このような統計を行い、データを公開している代替療法は見かけません。

 

しかしそれでも、私たちは「この代替療法は有効なんだ!」と感じてしまいがちです。

それは、多くの口コミ・成功体験談を目にすると、それが「統計的に意味のあるものだ」と勘違いしてしまうからです。

実際には「多くの人が賛同するものは正しい」という本能的な判断に過ぎないのに、統計的な優位性があると錯覚してしまうのです。

 

しかし、お話しましたように、アトピーの代替療法で、処方薬のように統計的な裏付けのあるものは有りません。

口コミや成功体験の数がいくら多くても、「自分にも効くはず」という判断は出来ないのです。

2-2. 完治した人の影には、多くの重症化した人たちが隠れているかも

アトピーの代替療法・民間療法のパンフレットやウェブサイトでは、治療に成功した人達の口コミや体験談を見ることができます。

しかし、治療が上手く行かず、アトピーが重症化してしまった人達の声を知ることは出来ません。

そのような失敗体験談を公開することに、代替療法の指導者のメリットが無いからです。

代替療法・民間療法に取り組んだものの、上手く行かずに重症化したり、途中で諦めた人たちは確実に存在するはずです。

 

私たちには、失敗した人達の数と、代替療法でアトピーが治った人達の数を比較することは出来ません。

もしかしたら、失敗した人達の方が多いのかもしれません。

さらに言えば、アトピーが重症化した人や途中で諦めた人の数は、その代替療法のセンセイも正確には把握できていないはずです。

途中で診察に来なくなったのは、アトピーが完治したからだな。

とうふうに、都合の良い解釈をしている危険性も考えられます。

 

以上のことを考えても、

代替療法の口コミ・成功体験の数と、その治療法の効果との間には直接的な関係はない

と言えるはずです。


【Sponsored Link】




 

さて、ここまで、アトピーの代替療法・民間療法について「攻撃」して参りましたが、私はこれらを全否定する気はありません。

なぜなら、代替療法・民間療法でアトピーが治ったり改善したりした人は、確実に存在するからです。

次のページでは、アトピーの代替療法で治る人がいるのはなぜか?という点と、代替療法との安全な付き合い方についてお話したいと思います。

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: 脱ステロイド