アトピーがお風呂の入浴剤で悪化してしまう3つの理由

 投稿日  

お風呂の入浴剤でアトピーが悪化する理由

ご自分やお子さんのアトピー性皮膚炎が、毎日のお風呂に入れる入浴剤で改善したら嬉しいですよね。

私も、自分のアトピー性皮膚炎の改善に繋がる入浴剤が無いか?色々と入浴剤を探して、いっぱい試してきました。

でも、アトピーが酷いときには「かえってアトピーが悪化する」という入浴剤がほとんどでした。

似たような経験をされる方は多いのでは?と思います。

そこでこの記事では、

  • 入浴剤でアトピーが悪化してしまう理由
  • アトピーにも安心して使えて、改善効果が期待できる入浴剤とは

の2点についてお話したいと思います。


【Sponsored Link】




 

1. 入浴剤でアトピー性皮膚炎が悪化してしまう理由

市販の入浴剤ではアトピー性皮膚炎がかえって悪化してしまう理由には、大きく3つの理由があると私は考えます。

それは、

  • 入浴剤に含まれる各種成分が皮膚に刺激を与えるから
  • 保湿が足りなくなる場合があるから
  • 皮膚の細菌感染に繋がりがちだから

という3つです。順番に見ていきましょう。

1-1. 入浴剤の成分・化学物質が皮膚への刺激となるから

アトピー性皮膚炎の状態が酷いときには、特に入浴剤の悪影響が大きくなります。

アトピーが酷いときというのは、皮膚に掻き壊しやびらん面が多くありますから、皮膚のバリア機能がかなり低下している状態です。

このようなバリア機能が失われた皮膚では、健康な皮膚では通過しないような物質も簡単に皮膚を通過して、体内に侵入してしまいます。

市販の入浴剤には色々な成分が含まれています。

保湿効果を高めたりする有効成分、香料、保存剤などの化学物質です。

これらが皮膚に直接的な刺激となったり、バリア機能が無い部分から体内に侵入して炎症を引き起こす危険があるわけです。

 

入浴剤でアトピーが悪化するケースでは、おそらくこの理由が一番大きいのだと思います。

1-2. 保湿効果があまり期待できないから

次の理由は、「アトピー肌の保湿不足に繋がるから」というものです。

アトピー肌の保湿を目的に入浴剤を使う場合、お風呂上がりの保湿が不足しがちです。

保湿効果のある入浴剤を入れたお風呂に入ったから、保湿クリームはあまり塗らなくてもいいかな

という感じで、入浴後の保湿が不十分になるということです。

 

もちろん、入浴剤を使っても保湿剤はしっかり塗っているよ!という場合もあるとは思います。

ただ、私の場合、「入浴剤を使っているのだから、保湿剤は少なめに」という考えで、保湿が足りなくなってしまいました。

同じようなケースもあるのかな?と思います。

 

あとは、保湿効果のある入浴剤を入れたお風呂に浸かったあとも、シャワーで軽く体を洗い流すのが普通だと思いますが、これも保湿不足に繋がります。

保湿効果をそのままにするためにかけ湯シャワーを浴びないことは、皮膚の細菌繁殖に繋がってしまうこともあります。この点については後述しています。

シャワーで入浴剤の保湿成分を洗い流せば、その保湿効果は少なくなります。

入浴剤による保湿効果があまり得られない状態で、保湿クリームの塗る量が減れば、保湿不足の状態になって肌が乾燥してしまいます。

皮膚が乾燥してしまえば、痒みや炎症が起こりやすくなってアトピーは悪化してしまいます。

 

このように、保湿の効果を狙って入浴剤をお風呂に入れる場合、かえってアトピー肌の保湿不足となって、アトピーが悪化するケースもあると考えます。

ただ、アトピー肌に特化された入浴剤の一部には、お風呂から出た後にシャワーで洗い流しても、保湿効果がしっかりと持続するモノがあります。

この保湿効果の高い入浴剤については、別の記事でご紹介したいと思います。

1-3. 皮膚の細菌感染に繋がるから

入浴剤でアトピーが悪化してしまう最後の理由は、「皮膚に細菌繁殖が起こりやすくなるから」というものです。

アトピー悪化の原因の1つに、皮膚に黄色ブドウ球菌などの細菌が増殖してしまうことがあります。

黄色ブドウ球菌の出す毒素(スーパー抗原)がアトピーを悪化させ、治りづらくさせてしまうからです。

 

アトピー肌は普通の肌に比べて黄色ブドウ球菌が繁殖しやすいと言われていますし、

ステロイド外用薬を使っている部分は、免疫細胞の働きが抑制されていますから、さらに細菌が繁殖しやすくなっています。

ですから、アトピー改善・予防のためには、皮膚での悪玉細菌感染を防ぐことがとても大切となります。

 

なぜ入浴剤を使うと皮膚の細菌感染が起こりやすくなるか?といいますと、

  • お風呂のお湯を毎日交換しなくなるから
  • 入浴後のかけ湯(シャワー)をしなくなるから

という2つの理由からです。

 

保湿効能のある入浴剤を入れた場合(特に高価な入浴剤の場合)、「1日でお湯を捨ててはもったいない!」と次の日もそのお湯を使いたくなりませんか?

湯船の細菌の数は時間の経過とともに激増し、2日目以降のお風呂には、初日と比べ物にならないほど多くの細菌が繁殖しています。

皮膚細菌感染が起こりやすいアトピーの方がこのようなお風呂に浸かれば、黄色ブドウ球菌の感染が起こりやすくなってしまいます。

 

もちろん、2日目のお湯であっても、湯船に浸かった後にしっかりと体を洗い流せば、細菌感染のリスクは減ると思います。

でも、保湿効果のある入浴剤を使った場合、シャワーで洗い流したり石けんで洗ったりしたくはないと思うのが普通です。

せっかくの保湿成分が洗い流されてしまっては、あまり意味がなくなるからです。

このように、2日目のお風呂に浸かったあとにシャワーで身体を洗い流さない場合、皮膚の細菌感染・繁殖が起こりやすくなってしまいます。

 

 

お風呂で体を洗うと、石けんの泡で黄色ブドウ球菌などの雑菌が洗い流され、細菌感染を防ぐことができますが、

せっかく体を洗っても、湯船で細菌をいっぱい付けてしまっては元も子もありません。

入浴剤を使う場合も、もったいないと感じてもお風呂のお湯は毎日交換することが必要です。

更に詳しく

マウスを合わせて記事説明文が表示。記事は別タブで開きます。 タイトルをタップで記事説明文が表示。再度タップで別タブで開きます。

以上が、入浴剤でアトピーが悪化する3つの理由でした。

2つ目・3つ目の理由については、「入浴後の保湿を徹底する」「お風呂のお湯は毎日入れ替える」「お風呂から出たらシャワーで体を洗い流す」ということを行えば、問題はなくなります。

でも、少なくともアトピーが酷いときには、市販の入浴剤は使わない方が安全です。

2. アトピー改善に効果的な入浴剤とは

次に、アトピーの皮膚炎がある状態でも使うことが出来て、アトピー改善や防止に繋がる入浴剤をご紹介したいと思います。

私がおすすめする入浴剤は、お塩です。

「塩風呂は肌に良い」と昔から言われていますが、アトピーの場合も有効な場合が多いと考えます。

その理由は、

  • ミネラルが皮膚に供給される
  • 皮膚の引き締め効果がある

というものが挙げられますが、他にも解明されていない仕組みがあるかと思います。

 

実際、私もアトピーが酷い頃から塩風呂に定期的に浸かるようにしていましたが、その効果はかなりあったと感じています。

今も、日常的にお風呂にお塩を入れています。

 

ただ、塩風呂にはアトピーの方にとって大きなデメリットがあります。

それは、めちゃくちゃシミるということ。

 

普通のお塩を使った塩風呂ではダメで、シミにくい塩風呂にするためのお塩があります。

それは、特定の種類の岩塩です。

そして、岩塩ならなんでもOKか?といえば、おそらくそうではないと思います。

 

私が長年使ってきた塩風呂用のお塩は、ヒマラヤ岩塩です。

一部のヒマラヤ岩塩には、

  • 多種多様なミネラルが含まれていて肌に良い
  • なぜか還元力がある

という特徴が備わっている商品があります。

私が使っているものもコレです。

塩水による皮膚の殺菌・ミネラル供給という効能に加えて、ヒマラヤ岩塩には還元力あるので、お風呂の残留塩素も除去する効果があります。

ただ、保湿の効果はあまり期待できないので、入浴後の保湿が必要なのは変わりません。

アトピー改善に繋がる塩風呂作りのためのヒマラヤ岩塩については、↓の記事でご紹介しています。

Related article

マウスを合わせて記事説明文が表示。記事は別タブで開きます。 タイトルをタップで記事説明文が表示。再度タップで別タブで開きます。


【Sponsored Link】




 

3. まとめ

このように、アトピー性皮膚炎を改善させようと思って入浴剤を使っても、かえって悪化することの方が多いのが実際だと思います。

でも、入浴剤の中には、少ないながらもアトピーでも使えるもの・アトピー改善に繋がるものがあるコトも事実だと思います。

実際に試す前に、色々と情報収集をして「悪化した人はいないか?」ということをリサーチすることが大切になります。

また、ここでお話しましたように、基本的には「保湿目的」で入浴剤を使うのはあまりオススメしません。

皮膚の殺菌効果やミネラル供給など、保湿以外の効能を狙って入浴剤を使うのはアリだと思います。


【Sponsored Link】




 

▼ 読むとアトピー完治までの道筋が分かります ▼

1
【安全・着実なアトピー治療】アトピー完治までの7ステップ

アトピー性皮膚炎は治りにくいと言われていますが、きちんとした治療手順を踏めば治す ...

2
あなたはどれ?自分のアトピー悪化原因が分かるチェックリスト

アトピー性皮膚炎を治すためには、 ご自分のアトピーを悪化させている原因は何か? ...

 Category: 入浴・洗顔方法